男はつらいよ 夜霧にむせぶ寅次郎

男はつらいよ 夜霧にむせぶ寅次郎

1984年製作 日本 102分 1984年8月4日上映
rating 2.8 2.8
3 0

『男はつらいよ 夜霧にむせぶ寅次郎』とは

『男はつらいよ』シリーズ第33作。脚本は『男はつらいよ 口笛を吹く寅次郎』の山田洋次と朝間義隆が手がけ、監督も山田洋次が担当した。北海道を舞台に、寅次郎と理容師の娘とのふれあいを描く。今回のマドンナは中原理恵。また、渡瀬恒彦・佐藤B作・秋野太作らがゲストとして出演している。ロケは北海道の釧路や根室、岩手県の森岡などでおこなわれた。本作で寅のテキヤ仲間ポンシュウ、タコ社長の娘あけみが初登場。また、さくらの長男・満男が中学生になっている。

『男はつらいよ 夜霧にむせぶ寅次郎』のあらすじ

寅次郎は、訪れた盛岡で昔の舎弟・登に再会する。堅気になった彼は世帯を持ち、小さな食堂の店主になっていた。その後、北海道へ渡った寅次郎は、釧路で「フーテンの風子」こと木暮風子と出会い、意気投合する。理容師免許を持っている風子は、これまでもいろいろな床屋に勤めてきたが、どれも長続きしなかったという。その夜、寅次郎と風子は相部屋になった福田栄作の女房探しを手伝うことになる。栄作に付き添って霧多布に向かった寅次郎と風子だったが、栄作の妻は既に新しい夫と暮らしており、声すらもかけられないままその場を去ってしまう。栄作と別れた2人は、風子の伯母が住む根室へ向かう。

『男はつらいよ 夜霧にむせぶ寅次郎』のスタッフ・キャスト

『男はつらいよ 夜霧にむせぶ寅次郎』の感想・評価・ネタバレ

  • レビューがありません。

『男はつらいよ 夜霧にむせぶ寅次郎』に関連する作品