ドラえもん のび太の魔界大冒険

ドラえもん のび太の魔界大冒険

1984年製作 日本 98分 1984年3月17日上映
rating 3.4 3.4
56 0

『ドラえもん のび太の魔界大冒険』とは

小学館発行『月刊コロコロコミック』に連載された大長編ドラえもんシリーズの同名マンガが原作。劇場版ドラえもんシリーズ5周年の記念作品となる。また初めてCGを使い制作された作品。原作、脚本は藤子・F・不二雄、監督を2004年まで多くのドラえもんシリーズを手掛けた芝山努が務めた。同時上映は『忍者ハットリくん+パーマン 超能力ウォーズ』。2007年にリメイク版の『ドラえもん のび太の新魔界大冒険 〜7人の魔法使い〜』が寺本幸代監督によって制作された。魔法にあこがれたのび太が、ドラえもんのひみつ道具「もしもボックス」を使い、現実世界以外にもう一つの空間を作り出す。その世界は科学こそが迷信とされていて……。

『ドラえもん のび太の魔界大冒険』のあらすじ

あいかわらず冴えない日々を送るのび太は、魔法が使えたらなぁ、などと空想し、まわりに相談を持ち掛ける。あまり良い回答をえられないものの、あきらめきれないのび太は、ドラえもんのひみつ道具「もしもボックス」で魔法世界を作ることを思いつく。ドラえもんと共に実行してみたが、一向に状況に変化はみれない。あきらめ眠りにつくのび太たち。ところが翌朝目が覚めると、人々が絨毯やホウキで自由に空を飛んでいるではないか!そしていつの間にか魔法世界に入り込んでいることに気付く。魔法界でものび太は落ちこぼれ、いつものメンバーに馬鹿にされていたが、なんとかひとつでも魔法を身に付けたいと奮闘。ある日、しずかちゃんとホウキング(ホウキで行くハイキング)に出かけた先で、魔界接近説を唱える満月博士と出会う。やがてそのことで騒動が起こっていく。

『ドラえもん のび太の魔界大冒険』のスタッフ・キャスト

『ドラえもん のび太の魔界大冒険』の感想・評価・ネタバレ

  • 保津稔
    保津稔 3 2016年4月17日

    軽い気持ちでもしもボックスを利用して大惨事に。中々の恐怖展開やし追い詰められ方も半端じゃない。あの追っかけられる時の絶望感たるや。。そして驚くほどのび太が何もしないのも特徴。

  • 重光太郎
    重光太郎 3 2015年5月29日

    最後まで緩まないストーリー

  • なーみー
    なーみー 4 2014年8月24日

    スリル満載。妖怪が怖い。魔法と化学とかなにげ勉強になる。もしもボックス怖い。

『ドラえもん のび太の魔界大冒険』に関連する作品