田園に死す
田園に死す
rating 3.8 3.8
30 6

『田園に死す』の感想・評価・ネタバレ

  • 葛城

    寺山修司ワールドがそこかしこに広がっている。 母殺し、青森の主題 何度も見返したくなる名作

  • ゆい

    学校の授業で見たけど流し雛の印象が強すぎてDVDを買ってしまった…

  • tomomi osaki
    tomomi osaki 3 2015年5月16日

    なんというかかなり難解。国語は好きだけど、短歌など、無知なわたしには難しかった。 寺山修司さんのアングラ映画ならではの色彩や衣装にはとても惹かれました。物語はしっかり理解できていないが、なんとなく、過去の自分や現在の自分を否定しているような、常に迷走しているような感じがして、寺山修司さんの頭の中を覗かせて頂いたような気分になりました。 又、振り子時計の演出や、川から雛壇が流れてくるだとか、わざとらしい顔が全く映らない照明とモクモクとしたタバコの煙の演出、ヘアメイクなど、すごく印象に残るものが多く、好きでした。 恐山や母殺しなどをテーマにしていて怖いイメージがありましたが、独特な世界観が、そうさせているのか怖いとは感じませんでした。 あとは70年代のTHE日本映画という感じが特に強かったと感じました。 エンディングの新宿も好きでした。

  • Asami Honma
    Asami Honma 5 2014年9月7日

    愛する寺山修司の愛する作品。 愛する要素がぎっしり。 地元が舞台の為、この田舎の訛り、薄気味悪さ、逃れられない鎖ですらある母性、わかるんですね本能的に。よく伝えている。 もちろん良いところもある、が、北東北というのは本当に、薄暗く、寒く、寂しい土地であります。

  • モロン
    モロン 5 2014年8月8日

    流し雛壇

  • Kei Miyazato
    Kei Miyazato 4 2014年8月7日

    寺山修司のアバンギャルドで実存主義なイメージの連続 、こういう作品は独りよがりで退屈になりがちだけど この映画は不思議な魅力を持った作品になっています 過去を拒否している感じに共感しました。

  • Moto Ishiduka
    Moto Ishiduka 2 2014年5月9日

    こういう系って洋画ならOKだけど邦画ならNGって気しません?なんかリアルだし、なにより言葉(東北に近いやつ)が割とわかるとなおさら具合わるくなる。白塗りがダメなのかな、怖いって思っちゃった。

  • mazda

    理解できたらとても面白いんだろうけど短歌であったり、言葉ひとつひとつが難しくて無知識な自分には解釈に時間がかかった。 でも言うほど怖いとかグロいという感じはしなくて日本の映画って以外とこういう感じかなというかむしろ日本映画らしいかなとは思った。 愛というのをたくさん演出しているんだけど重くて、映画っぽいという感じがして深く入り込むことはできず、その映画っぽい演技というか様子にすこし笑ってしまうくらい。伝えたいものの表現がわざとらしいからかな。だから怖いもグロいも悲しいもとくにないのかも。 ただ見たことないタイプの映像(色彩)だったのでそこは新鮮だった。 いろんな色の再現と、コントラストがはっきりしているシーンはつよく印象づけて映画っていうか静止画としたらキレイっていう感じ サーカスの雰囲気(映像、演出)とかすき。

  • 錆犬

    2018/06/16 名古屋シネマテーク 再見