江戸川乱歩全集 恐怖奇形人間

江戸川乱歩全集 恐怖奇形人間

1969年製作 日本 99分 1969年10月31日上映
rating 5 5
3 4

『江戸川乱歩全集 恐怖奇形人間』とは

江戸川乱歩原作の『パノラマ島奇談』をベースに、江戸川乱歩の諸作品を組み合わせた映画。『パノラマ島奇談』の他には『孤島の鬼』や『屋根裏の散歩者』『人間椅子』などの要素を組み込んでいる。江戸川乱歩全集というタイトルには、江戸川乱歩の諸作品からの要素を散りばめた作品であるという意味が含まれている。監督は、石井輝男。主演に吉田輝雄が出演している他、土方巽率いる暗黒舞踏塾の一座が登場する。地上波では放映されず、ソフト化もされていなかったが、カルト映画として一部から人気を集めている作品。センセーショナルな映像と、役者たちの体当たりの演技に注目。

『江戸川乱歩全集 恐怖奇形人間』のあらすじ

主人公の人見広介は、精神病院に閉じ込められているのが、なぜ自分がここにいるのか理由が分からないでいる。病院を脱走した広介の耳に、サーカス団の少女の子守唄が聞こえてくる。記憶を取り戻す手がかりになりそうだと思った矢先、目の前で少女は何者かに殺されて、自分が犯人に疑われてしまう。逃亡者となった広介は、北陸行きの汽車の中で、自分にそっくりな菰田源三郎という人物になりすます計画を思いつく。源三郎になりすますことに成功した広介は、源三郎として生活していくことに。そんな彼を待ち受けている数奇な運命とは。そして、衝撃的なラストシーン。

『江戸川乱歩全集 恐怖奇形人間』のスタッフ・キャスト

『江戸川乱歩全集 恐怖奇形人間』の感想・評価・ネタバレ

『江戸川乱歩全集 恐怖奇形人間』に関連する作品