リング (1998)

リング (1998)

1998年製作 日本 95分 1998年1月31日上映
rating 3.3 3.3
250 0

『リング (1998)』とは

映画『仄暗い水の底から』の中田秀夫が監督。高橋洋が脚本を担当した。原作は鈴木光司の同名小説となっている。「ビデオに殺されるなんて」がキャッチフレーズ。観た者を恐怖のどん底につき落とす「呪いのビデオテープ」がカギとなり物語は展開していく。高山竜司役の 真田広之、高野 舞役の中谷美紀など豪華な出演者や、キーマン貞子の登場の仕方など話題も豊富だった。インパクトのある宣伝も功を奏し記録的な興行収入を記録。その後の日本のホラー映画に大きな影響を残した。劇中流れる「来る、きっと来る」と聞こえる歌詞が、正しくは「Oooh きっと来る」だったことも当時話題に。また複数の続編や、海外リメイク版が制作されるなど、リングブームはしばらく続くことになる。

『リング (1998)』のあらすじ

ひとり息子と二人で暮らす浅川玲子(松嶋菜々子)は、テレビ局のディレクターとして都市伝説にまつわる話を取材していた。ある時、観たものを1週間後に死に至らしめるという呪いのビデオの存在を知る。それを観てしまった数人の若者が、数日前に不審な死を遂げた玲子の姪、智子(竹内結子)と同時期に死亡していたことがわかった。実は智子と若者たちは友人で、共に伊豆の貸別荘に宿泊していたことを知る。そこで撮った智子たちの写真は不気味に歪んで写っていたという。事の真相を探るべく伊豆を訪れた玲子は、別荘で不審なビデオを見てしまった。その直後謎の無言電話を受け、その後玲子が写る写真は歪んで写っていた。

『リング (1998)』のスタッフ・キャスト

『リング (1998)』の感想・評価・ネタバレ

  • タマキ
    タマキ 3 2016年12月30日
  • さくら
    さくら 3 2016年8月29日

    深夜のテレビ放送で。おそらくしっかり観たのは初めて。超能力とか、そんな話だったのね...井戸の濁った水に浸かって、バケツに組むシーンが一番頭に残ってるのはなぜ。所々眠くなってしまい、もっとなんか来い!と思ってしまったけど、よくよく考えてみたら何もないところに怖さがあるのね。驚かすのとは違う恐怖、これが日本のホラー。

  • Rina

    今作品を観ている時、要所要所は怖いけど普通の映画だなあとか、貞子かわいそうだなあとか思っていたら、ラスト...ラストが怖すぎて悲鳴もあげられなかった...

『リング (1998)』に関連する作品