太陽の王子 ホルスの大冒険

太陽の王子 ホルスの大冒険

rating 3.3 3.3
6 3

『太陽の王子 ホルスの大冒険』とは

高畑勲監督(クレジットでは演出名義)による、東映動画製作の劇場アニメ作品。少年ホルスの冒険と活躍を、躍動感あふれる演出で描く。脚本は『母をたずねて三千里』の深沢一夫。作画監督は『ルパン三世』の大塚康生。また場面設計・美術設計として宮崎駿が参加している。音楽はNHK大河ドラマ『竜馬がゆく』の間宮芳生。出演は大方斐紗子、市原悦子、平幹二朗、堀絢子、東野英治郎など。「東映まんがパレード」の1作品として上映された。

『太陽の王子 ホルスの大冒険』のあらすじ

他人と交流することなく、自然の中で育った少年ホルス。ある日、巨大な岩男のモーグに出会う。モーグの肩には太陽の剣が刺さっており、ホルスはその剣を抜く。モーグはある予言と共に、太陽の剣をホルスに与える。その後にホルスの父が、他の人間がいる場所へ行くよう遺言を残して死んでしまう。ホルスは遺言に従って出発するが、氷の城に住む悪魔グルンワルドの手下に捕まってしまった。グルンワルドは弟になるようホルスに話すが、彼は断る。ホルスは崖から突き落とされるが、太陽の剣があって助かる。やがてホルスは縁あって、ある村にたどり着くのだが……。

『太陽の王子 ホルスの大冒険』のスタッフ・キャスト

『太陽の王子 ホルスの大冒険』の感想・評価・ネタバレ

  • yuriko

    ヒルダはバラバラ

  • mince

    塚口で「太陽の王子ホルスの大冒険」。劇中歌「ヒルダの唄」ゑでぃまぁこんかと本気で思った。500円でいいもの観たんだけど。2013年7月8日

  • miurakenichi
    miurakenichi 0 2012年8月10日

    弟しんじと愛車ミラちゃんにて鑑賞。一生の思い出となる一時。物語としてはとてもシンプルだが、それが故に無駄のない洗練された表現が際立っている。直球勝負は本当に球筋に自信がないと投げられないのと同じように、繊細な才能がカットごとに滲み出ていた。もはやアニメの古典と言っても良い作品。勧善懲悪の世界観に潜む、愛憎入り混じる人間の悲哀が胸を打つ。

『太陽の王子 ホルスの大冒険』に関連する作品