アイアンマン3

アイアンマン3

Iron Man 3
2013年製作 アメリカ 130分 2013年4月26日上映
rating 3.8 3.8
731 22

『アイアンマン3』とは

ロバート・ダウニー・Jr.が主演を務めた前2作と、興行収入36億円を突破した『アベンジャーズ』のその後を描いた『アイアンマン』シリーズの第3弾。本作がシリーズの完結編となっている。監督は前作とは変わり、自身も俳優として活躍するシェーン・ブラックがメガホンを取る。優秀な予告編映像を表彰するゴールデン・トレーラー賞にて2013年サマー・ブロックバスター・トレーラー賞を受賞、その他にもアクション賞を含む3部門にノミネート作品。

『アイアンマン3』のあらすじ

1999年大晦日、トニー・スタークはスイスで行われているパーティーに参加していた。彼はそのパーティーでA.I.M.のCEOであり科学者としても活躍する若き青年アンドリッチ・キリアンに出会う。彼はトニーのファンで夜、キリアンい興味を抱いたトニーは屋上で商談をする約束をする。しかし、その後知り合った植物学者マヤ・ハンセンに興味を持ち、トニーとの約束を破り彼女の部屋で一夜を過ごしてしまう。 そして2013年。1年前に人類滅亡の危機を救いだしたトニーは自身が経営する会社スターク・インダストリーを恋人のポッツに任せ、パワード・スーツの開発に没頭していた。そして、新機能を搭載したボディ・スーツ「マーク42」を開発。しかし、トニーはアベンジャーズでの戦いで不眠症やパニック障害などの精神病を患っていた。 そんな中、アメリカではマンダリン率いるテロ組織「テン・リングス」が爆破テロを行い、電波ジャックで犯行声明を発表する事件が次々に発生。トニーの親友ジェームズ・ローズ大佐は「ウォーマシン」を改良した新型スーツを装着して捜査を行うも手がかりを掴めず…。トニーも捜査に協力したどり着いた人物は彼を恨むある人物であった。

『アイアンマン3』のスタッフ・キャスト

『アイアンマン3』の感想・評価・ネタバレ

  • Minori

    敵との戦いももちろんあったけど、今回はトニー本人の心の葛藤がメイン ちょっと怖かった 顔や性格だけじゃなくて、頭脳でも繋がって支え合ってるトニーとペッパーの関係が好き

  • しょうちゃん
    しょうちゃん 4 2018年4月24日

    鋼鉄のヒーロー“アイアンマン”の活躍をロバート・ダウニー・Jr主演で描くSFアクション超大作のシリーズ第3弾。 “アベンジャーズ”での戦いを経て、 ヒーローとしての活動に迷いが生じていく天才発明家トニー・スターク=アイアンマンの葛藤と新たな戦いの行方をシリーズ初の3Dで描き出す。 「アイアンマン」としての続編でありながら、 「アベンジャーズ」その後を描いている本作。 アベンジャーズの戦いはトニーに相当な精神的ダメージを与えている。 回を重ねるごとにパワード・スーツに改良を加えるトニーだが、 今回のは「遠隔操作」が出来ること。 パワード・スーツは中に人が入っていない状態でも操作できる。 この新機能が劇中で遺憾なく発揮されていて、 クライマックスでアイアンマン軍団が乱舞するのは見応えあり。 監督が前2作のジョン・ファブローから、 シェーン・ブラックへと交代したせいもあってか、 単純明快なヒーローものではなく、 トニーの苦悩が淡々と描かれている。 それでもアイアンマン軍団が見れるのは面白い。 ウィリアム・サドラーが大統領で、 ミゲル・ファーラーが副大統領ってキャスティングににんまり。

  • ごとー
    ごとー 0 2017年11月9日

    2017/11/04

『アイアンマン3』に関連する作品