『マタンゴ』とは

1963年公開の特撮ホラー映画。変身人間シリーズの番外編として制作された。変身人間シリーズとは、科学技術によって変異してゆく人間が登場するホラーシリーズ。監督は本多猪四郎。特撮技術監督を「ウルトラマン」シリーズの円谷英二が務める。 SF作家の星新一と福島正実の原案から作られたストーリー。追い詰められた人間の究極の選択を問いかけているような内容になっている。「マタンゴ」というのは化け物の名前。強烈なインパクトを世間に与えたためか、後の時代にもマタンゴはキノコの化け物として定着し、ゲームなどの登場人物にも使われた。

『マタンゴ』のあらすじ

ヨット旅行に出た7人が、嵐にあい遭難する。漂流しながら水も食べ物もなくなった瀕死の状態の彼らの前に島影が。ホッとしたのもつかの間、たどり着いたその島はとても不気味な島だった。人間の足跡を発見し、それをたどっていくと一艘の難破船が。中は無人で死体すら見当たらない。航海日誌には「MATANGO」という意味不明な言葉が残されていた。 7人は食料を求めて島の中をさまよい、そして突然彼らの目の前におぞましい怪物が姿を現す。燐光を放ち、触覚を伸ばしながらじりじりと近づいてくるその姿は、まるでキノコの怪物のように見えて…...。

『マタンゴ』のスタッフ・キャスト

『マタンゴ』の感想・評価・ネタバレ

  • cla_sta

    原案星新一だったり、マタンゴの声がバルタンとかの元声になってたりと、発見が多かった。あとやっぱり円谷英二って天才だわ。

  • Kei Miyazato
    Kei Miyazato 4 2015年8月12日

    男5人、女2人の若者が乗ったヨット 気楽にクルーズ中で「言ったなこいつ~」とか「アハハハ」とか古臭い話し言葉の台詞やリアクションに観進めれるか心配になりますが そこは何とか乗りきって下さい、遭難して島へ流れ着きます お化けキノコの映画として有名ですが、本筋は極限状態における人間ドラマで 本多猪四郎監督の意欲作なのです、時間経過が掴みにくく そんなに飢餓状態に見えないのは難ですが、キノコは何を表した比喩なのか 人間の業とか欲望でしょうか?深い作品でした。

  • ✦ニカルカ✦
    ✦ニカルカ✦ 0 2014年7月8日

    DVDで

『マタンゴ』に関連する作品