ミロクローゼ

日本
rating 2.9 2.9
85 22

「ミロクローゼ」とは

パフォーマンス集団“キュピキュピ“を主宰し、ドラマ『オー!マイキー』や映画『狂わせたいの』など映像作家としても活躍する石橋義正監督が、山田孝之を主演に迎えて描く奇想天外なラブ・ファンタジー。愛のために生き、愛に迷い、愛のために突き進む3人の男の物語を描く。石橋監督が美術や音楽も手がけて作り出す独自の映像世界に注目だ。

「ミロクローゼ」のスタッフ・キャスト

「ミロクローゼ」の感想・評価・ネタバレ

  • Misaki_Ozaki
    Misaki_Ozaki 1.5 2015年11月8日

    わけんからんかったけど、山田孝之さま〜

  • Yamanaka__Akira
    Yamanaka__Akira 2.5 2015年7月20日

    山田孝之の怪演がすごかった。面白いコマーシャルをたくさん観た感じ。

  • mazda620
    mazda620 1.5 2015年7月19日

    動かないマネキンのオーマイキー!で有名な石橋監督のシュール感満載の超B級作品。3種の短編に分かれていてどれも女性を愛するというものをテーマにしている。 1つ目のオブレネリブレネリギャーという舌噛みそうな名前の少年の話はチープでポップな世界観がすごくて、キャラ設定も、ヴィジュアルも出だしかなり好印象で意外と面白いかも!と思ったのも開始10分で終了。オーマイキーが好きだからストーリーに若干期待したけどなんかよくわからないまま終わってしまった。たぶんオブレネリブレネリギャーという舌の噛みそうな名前の少年の話意外の、2つ目恋愛相談室の話と、3つ目女探しのなんちゃって侍の話はほぼほぼいらなかった。 しかしそんなことはどうでもよく、私はこの作品を、1人3役の山田を見るために借りてきたわけで、B級感はもうフライヤーからムンムンでてるから最初からこのクオリティなのはわかってるわけで、山田が良かったんだから駄作だろうと関係ないわけで。 とくに恋愛相談室山田の全力でイケてないダンスがツボだった、かなりテンションもってかれる。「鴨川ホルモー」のレナウン娘の裸踊りでも山田はこの撮影で一番楽しかったと言ってるし、この人ほんと変ですよ。なんでこんな楽しそうなの。山田がコンドーム買いにくるシーンが本作一番の笑いだった。 映画としては一切オススメしません、でも山田好きには全力でオススメします、山田のきれっきれダンス見たい人はどうぞ、あなたはどの山田が好き?というそういう映画だと思います。2つ目の恋愛相談室山田はかなりレアキャラで、一般的よく見られる山田は3つ目の侍山田かな。私はオブレネリブレネリギャーが大人になった役のオレンジ髪の山田が一番好きでした。

関連する記事

「ミロクローゼ」に関連する作品