RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語

RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語

2010年製作 日本 130分 2010年5月29日上映
rating 3.3 3.3
34 4

『RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語』とは

映画『ALWAYS 三丁目の夕日』シリーズのプロデューサー、阿部秀司を製作総指揮に迎え、映画監督、錦織良成が自身の故郷、島根を舞台に撮影した鉄道映画。電車好きの阿部の思い入れが強く、粘り強い交渉が必要だった運転台に役者が立ち入っての撮影など、難関を突破しての作品となった。主役の中井貴一同様、この映画に欠かせない一畑電車のデハニ50系は、お座敷電車としての役目を終えた後、本作品の美術スタッフによって、再びロングシートへと改装され、撮影に挑んだ。続編としては、富山に舞台を移し、本作品で同僚の宮田役を務めた三浦貴大の実父、三浦友和を主役に迎え、、蔵方政俊監督によって映画『RAILWAYS愛を伝えられない大人たちへ』が制作された。

『RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語』のあらすじ

東京で妻子と暮らす大手メーカのエリート社員・筒井肇。仕事熱心で順調に出世街道を歩いていた。一方で、忙しさのあまり家庭を顧みることがなく、家族との見えない溝ができていた。ある日母親が病に倒れ、故郷の島根県に帰省する。時を同じくして、親しかった同僚を志半ばで、交通事故によって喪う。故郷で考える東京の生活はどこか虚しく、そんな時、子供の頃の夢、一畑電車の運転士になることを思い出す。今までの自分、これからの自分を考えた肇には何の迷いもない。昇進が約束された会社を辞め、一念発起、電車の運転士への転身。それは49歳での再スタートだった。

『RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語』のスタッフ・キャスト

『RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語』の感想・評価・ネタバレ

  • enchang318
    enchang318 3 2017年1月15日

    2017年度12本目

  • Sacchin

    親の介護と親友の死をきっかけに、人生における仕事を見つめ直し、新たな道を歩んでいく家族の物語。仕事とは何か?家族の絆とは?重すぎないタッチで描かれていく。

  • Bee

    今の自分にぴったりとくるメッセージが詰まっていたので心に染み渡りました。 ですがメッセージがぴったりこない方には普通のニューマン映画かもとも思います。そして、中井貴一いいですね。

『RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語』に関連する作品