東京家族

日本
rating 3.6 3.6
209 21

「東京家族」のスタッフ・キャスト

「東京家族」の感想・評価・ネタバレ

  • HMworldtraveller
    HMworldtraveller 3.5 2016年4月3日

    『親の心,子知らず』『親思う心にまさる親心』。”親の恩を忘れるな” 的な諺や格言は多い。諺が多いということは、実際には、それほど忘れる子ども達が多いということなんだと思う。劇中、あるあるな描写が随所に出てきたせいか、観ながら実家の両親の顔が浮かんで身につまされた。居心地の悪さと胸がつまるような思いを同時に感じる。私も多分親を大切にできていないということだろう。 小津安二郎監督の「東京物語」を現代に置き換えてリメイクした作品。オリジナルを観ていないため、良くも悪くもリメイクという意識や先入観無く観ることができた。 急に入った仕事、わかっていても休めない事情、ご近所づきあい・・。物語の中で、上京してきた親との約束や時間を反故にする理由はどれも嘘じゃないし、自分達には自分達の生活があるのも事実だろう。だけどこうして はたから見るととても冷たく感じてしまう。これが自分のこととなるとなかなかできないくせに、映画で見るとそれぞれのエゴや自分優先な立場が見えてしまい、他人事と思えない遣る瀬無い気持ちになった。嘘じゃないから余計に、ほんの少しの心遣いがあったらという思いが募る。そのうちにと思っているうちに時間は過ぎてしまうもの、別れの時は突然来るものなんだと知る病院のシーン。親を大切にしなくちゃと素直な気持ちで思った。 大都市へ出て行く子世代、親の思いと子の思い、家族のいろんな形。終盤の、島での父親の様子は田舎暮らしならではの広義の家族を思わせる。これもまた”家族”の一つの在り方だ。ありふれた話の中にどんな時代にも当てはまることと今どきの事情の両方を散りばめた、家族への思いを湧き上がらせる映画だった。東京物語も観てみよう。その前に、久しぶりに親に電話してみよう。。

  • ha_n
    ha_n 3.5 2016年3月14日

    なーんか寂しいよーなほっこりするよーな複雑な気分になった(^◇^;)

  • Kasumi_Takahashi
    Kasumi_Takahashi 3.5 2016年3月7日

    3/6 いえ こういうこと、ばぁちゃんにしちゃってるのかな… 自転車脱輪ウケた

関連する記事

「東京家族」に関連する作品