スイートリトルライズ

スイートリトルライズ

2009年製作 日本 117分 2010年3月13日上映
rating 3.1 3.1
72 6

『スイートリトルライズ』とは

江國香織の同名小説を映画化した作品。テディベア作家の女性とIT会社勤務の男性の夫婦が、それぞれ別の相手と恋に落ちる恋愛物語。監督は『ストロベリーショートケイクス』の矢崎仁司、脚本は『七夜侍』の狗飼恭子が務める。 出演は『嫌われ松子の一生』で主演を務めた中谷美紀。主人公の夫を大森南朋が、大森と不倫関係を結ぶ女性を池脇千鶴が演じる。主題歌はスガシカオが担当している。キャッチコピーは「人は守りたいものに嘘をつくの。あるいは守ろうとするものに」。

『スイートリトルライズ』のあらすじ

テディベア作家の瑠璃子とIT会社に勤務する聡は結婚3年目の夫婦。2人には子どもはおらず、現在も恋人同士のように仲睦まじく暮らしていた。 しかし肉体関係はなくなり、聡は自室でゲームばかり。瑠璃子も用事があるだけ携帯で聡を呼び出し、聡の妹からも呆れられていた。 ある日、津川春夫という男性が瑠璃子の個展にやってきた。その実直な性格に心を打たれた瑠璃子は津川が欲しいとマネージャーに懇願していた非売品のベアを譲る。その後2人はレンタルビデオ店で再会、やがて恋に落ちる。 一方、聡は大学のサークルのOB会で後輩のしほと再会していた。しほは聡に好意を抱いており、積極的にアプローチしてくる。デートを重ねた2人は伊豆で肉体関係を持ってしまう。

『スイートリトルライズ』のスタッフ・キャスト

『スイートリトルライズ』の感想・評価・ネタバレ

  • mizukii

    足りないものを求めた結果の不倫だとしたら、この二人は永遠に足りないものを埋められずにさみしい気がする。 言葉にできるような、できないような「なんかちがう」思い、瞬間を積み重ねて少しずつすれ違っていくんだなぁって思った。 でも一緒にいるのがいいのかなあ。食べたい卵料理が通じ合ってたって、肝心なところは何にも通じ合ってないのに。 誰かと共有した物や場所を、他の誰かと共有するのは、なんかすごくさみしい行為だった。

  • kana

    2015.4.2 原作も読んでいたけれど、主人公がテディベア作家で夫婦ともに婚外恋愛をするということしか覚えていなかった。 寂しい夫婦。 というのが、率直な感想。 不倫、結局はその話なのだろうけど、本筋はそこではないような。 綺麗で透明な世界観は、好みだった。 そして、池脇千鶴が子豚に見えたのだけど...。

  • えみくろ
    えみくろ 2 2015年2月18日

    中谷美紀は役に合ってるかなって思うけど全体を通してだと原作の方が良いかなっていう印象。

『スイートリトルライズ』に関連する作品