空気人形
空気人形
2009年製作 日本 116分 2009年9月26日上映
rating 3.5 3.5
358 62

『空気人形』の感想・評価・ネタバレ

  • 錆犬

    2018/10/16 GYAO!

  • だ

    さいきん孤独を感じるのでとても考えさせられた 孤独 をテーマにした 純粋な話 ペドゥナかわいい

  • Kazuya Furusawa
    Kazuya Furusawa 5 2016年1月23日

    ペドゥナが可愛い。ペドゥナが凄い。ペドゥナがいて成り立つ映画。 生命は 自分自身だけでは完結できないように つくられているらしい 花も めしべとおしべが揃っているだけでは 不充分で 虫や風が訪れて めしべとおしべを仲立ちする 生命はすべて そのなかに欠如を抱き それを他者から満たしてもらうのだ 世界は多分 他者の総和 しかし 互いに 欠如を満たすなどとは 知りもせず 知らされもせず ばらまかれている者同士 無関心でいられる間柄 ときに うとましく思うことさえも許されている間柄 そのように 世界がゆるやかに構成されているのは なぜ? 花が咲いている すぐ近くまで 虻の姿をした他者が 光をまとって飛んできている 私も あるとき 誰かのための虻だったろう あなたも あるとき 私のための風だったかもしれない いろいろ考えされられて書きたいこと沢山あるけど、この詩が空気人形にぴったり。

  • Alien

    なんかうん、夜に見る映画ではなかった

  • ちびなお
    ちびなお 3 2015年9月16日

    グロいですが素敵な作品でした

  • HM world-traveller
    HM world-traveller 3 2015年8月31日

    心を持ってしまった空気人形が外の世界で見たものは・・? 風や海、花や緑、優しくしてくれる人、キラキラした物たち。それと同時に人の冷たさ、無関心、充たされない人々の負の感情も少なからず目にしていく。。 空気人形、って ひらたく言うとダッチワイフですよね。ダッチワイフが心を持って動き出しご主人以外の人間の男性に恋をするという設定だけ聞くとファンタジックコメディのようですが、あり得ない展開の中に一抹の切なさを感じる話でした。 都会に生きる人々の孤独感、虚無感、人恋しさを感じるくせに他人には無関心なさま。しばしばそれと対照的に描かれる空気人形の、未知なる世界と人々への好奇心や弾む心。都会の一角に生きる人々の心情や人間関係に焦点を当てた話は数多くあるし、人形が心を持つ話もさほど珍しい話ではないけど、空気人形を通じて描くというのは斬新でした。 カタコトの言葉や挙動不審なぎこちない動きを見ているうちに、幼児のような無知で無垢な空気人形が愛おしくなりました。それだけにやるせなさを感じたのがレンタルショップの男性との顛末。あれはもう少し違う展開にできなかったんだろうか?あの展開は悲し過ぎて切なくて、同時に強引で唐突過ぎて、正直なところ、やや落胆してしまいました。甘いストーリーを期待しているわけじゃないけど、もう少しだけ優しさをトッピングしてほしかった。 ぺ・ドゥナはとても良かったですね。まさに人形を思わせる容姿にどことなく無機質な感じ、透明感、綺麗だけど幸の薄い佇まい、たどたどしい日本語、ぎこちない動作まで空気人形にドンピシャのキャスティング。潔い脱ぎっぷりにも肝がすわっていると言うか女優魂を感じました。

  • 佐々木悠介
    佐々木悠介 3 2015年7月25日

    ペ・ドゥナがかわいらしい  ほんとうに無垢な役がにあう

  • Y Kodaka
    Y Kodaka 2 2015年7月12日

    ちょっとファンタジー色強すぎた…。ペドゥナの人形演技はかわいい。

  • 大橋茉莉耶
    大橋茉莉耶 5 2015年6月25日

    苦しかった。忘れられない作品

  • チャド
    チャド 3 2015年6月20日

    透明感のある世界 たどたどしい日本語 赤ん坊みたいな無垢な姿 そっと寄り添ってくれる人々 幽霊のように浮世を漂い続ける彼女 無機質だったココロとカラダに宿った魂は、人形から人間へと少しずつ変えていく この作品はどれもこれもが、なんでもない日常。 けれど彼女が見た、感じたものを通し、 ちょっとだけ彩りを加えただけで、 ほんとはステキな日常なんだということを気づかせてくれる。 やわらかくて、やさしくて、やるせない作品だ。

  • ももか
    ももか 3 2015年4月3日

    綺麗でからっぽで悲しい。

  • あやみ
    あやみ 2 2015年3月4日

    生命は 自分自身だけでは完結できないように つくられているらしい 私も あるとき 誰かのための虻だったろう あなたも あるとき 私のための風だったかもしれない ----- 友達が前からいいって言ってるから見なきゃと思ってやっと見たけど…。 私にはちょっと合わなかったです。 男性の性処理道具の空気人形が心を持ったことにより世界に出て行くお話。 おとぎ話っぽくしたいのか現実見せたいのかなんかうまく自分が入り込めなかった。 でも主人公は本当にお人形さんみたいに可愛いし、合間に入るモノローグとかはよかった。 吉野さんの詩の引用とか素敵だなと思ったし。 キャストはなかなかすごかったです。 板尾さん、ARATAさん、オダジョー、寺島進さん。 なぜ入り込めなかったかというと。 ネタバレになったら申し訳ないんだけど、空気人形さんが心を持った時になぜ優しく恋人のように扱っていてくれた板尾創路に恋をしないのだと思ったから。 それが心を持つきっかけじゃないのかと。 恋をしないまでも(板尾創路ちょいキモ役だったし)せめて感謝とかないのかと思ったらもうその子の行動がわからなくなってしまった(;´∀`) でも友達も好きって言ってたし、是枝裕和監督作品だし、一応見れてよかったと思っておこう\(^o^)/

  • moesode

    ペドゥナが本当に可愛くて前半はただただそのことで頭がいっぱいになりながら観ていました。(そもそも手に取ったのも、パッケージのメイド姿のペドゥナが可愛いから!)細かい設定や流れに疑問を感じることがあったけどファンタジーにそんなことを言っては元も子もないのかなぁ。のぞみちゃんに比べて他の登場人物のキャラが立っていないように感じたのだけど、映画初心者なので読み取れてない部分があったのかも、そこも含めてまたもう一度見直してみたいです。後半は胸が一杯になるシーンが多く、涙が溢れて止まらなくなってしまいました。

  • halka

    一見のイメージ通りで、素晴らしい内容だし、沢山の意味と理由が込められてると思った。でもこんな形におさめる、重要な訳は、ほんとにあるのかな。終わってよかった。

  • シロクマ
    シロクマ 3 2015年1月22日

    気品が高いというか純度が高いというか、そんな感じの映画。エンタメ的ではないが、印象には強く残った。 ペ・ドゥナの空気が抜けてしまい、ARATA演じる純一が息を吹きこんで復活するシーン。なんともいえないエロティックさを感じたのは私だけではないはず。空気人形がゆえの感情の欠落なのか思考の限界なのか、悲しい結末にむかっていく。 恐らくテーマである「代用品であることの空虚さ」は、オダギリの役が示唆するように私達人間もまた感じることである。空虚さを乗り越える愛と生きがいがいが欲しいなと思う。

  • asaaako

    純度が高すぎると歪む。 という印象。

  • Ai Osaki
    Ai Osaki 4 2014年11月9日

    切ない。 ARATAさんかっこよい。

  • Alex

    とても思考的な作品 心を描いているのに 全ての事に理由があって 緻密に構成されたような印象 誰もが理解できるが故に 私には少し冷たい作品に感じられた 20141105

  • Rune  Nakajima
    Rune Nakajima 2 2014年10月29日

    ただただペドゥナが可愛かった

  • iitomo☻
    iitomo☻ 2 2014年10月28日

    虚しさが大きすぎて… 映像は全体的に薄い水色がかかってるようなイメージできれいでした。