ニッポン無責任時代

ニッポン無責任時代

1962年製作 日本 86分 1962年7月29日上映
rating 3.6 3.6
10 0

『ニッポン無責任時代』とは

1962年から1971年の間、制作されたクレイジーキャッツメンバー主演の喜劇映画「クレイジー」シリーズ第一作目。本作は、「若大将」シリーズの古沢憲吾が監督を務める。出演には、ハナ肇、谷啓、などクレイジーキャッツメンバーをはじめ、「お姐ちゃん」シリーズに出演していた団令子、中島そのみ、重山規子らも名を連ねた。 “ハナ肇とクレイジーキャッツ”は、歌と喜劇を合わせたコメディグループ。劇中では、当時人気だった同グループの楽曲”無責任一代男”、”ハイそれまでヨ”を披露している。

『ニッポン無責任時代』のあらすじ

稀代の無責任男・平均は、ある日バー「マドリッド」で太平洋酒が乗っ取られそうになっていることを小耳に挟む。「これは一儲けできる!」と踏んだ平は、太平洋酒の氏家社長に同郷の先輩の名を持ち出し、コネがあることを披露。 そして、まんまと太平洋酒の総務部勤務になった平は、大株主富山商事の社長を買収するという初仕事を任される。これを小切手一枚で見事成功させた平。功績が買われ、係長に昇進となる。しかし、乗っ取り男・黒田有人が裏で富山商事の持株を手に入れていたことがわかり、均はたちまち太平洋酒をクビになる。 そして別日、均は新社長就任パーティーで黒田に出会う。そこで、均は余興と宴会での手腕が買われ、太平洋酒の部長に返り咲く。おまけに、すでに順風満帆の生活を送る平の下宿には、マドリッドの女給京子、芸者まん丸、太平洋酒の女秘書愛子が押しかけ引っ張りだこというウハウハの生活。 そんな平の次の仕事は、太平洋酒の商売仇である北海物産からのホップの買いつけ。均は難攻不落の北海の石狩社長をアダルトな映画とお座敷ヌードで攻略するも、美人局の真似ごとや公金横流などの悪行が黒田にバレてまたも太平洋酒をクビになってしまう。だが転んでもただ起きない均は、令嬢洋子の縁談のことで大島と洋子に惚れている黒田が頭を痛めていると知るや彼女の居場所を教える代わりにと恩義ある氏家社長の太平洋酒復職を迫って…。七転八起しながら調子の良さだけで昇りつめていく平均のサラリーマン人生の結末は!?

『ニッポン無責任時代』のスタッフ・キャスト

『ニッポン無責任時代』の感想・評価・ネタバレ

  • 吉岡大輔
    吉岡大輔 3 2015年2月24日

    2015/2/24

  • mince

    終戦から17年。経済成長真っ只中のサラリーマン風情。C調といわれるがリアル。「ニッポン無責任時代」昭和37年西宮OS。昭和一桁世代がこいつが「いいかげんな男」と言ってたのがわかる。モノラル音源の力強さがスクリーンの真ん中から音がズンズン来る。これは現実なのに認めない現在が面白い。

  • Taiki Mori
    Taiki Mori 2 2014年8月9日

    最高に薄っぺらい映画。完全に良い意味で。

『ニッポン無責任時代』に関連する作品