男はつらいよ 寅次郎純情詩集

男はつらいよ 寅次郎純情詩集

1976年製作 日本 104分 1976年12月25日上映
rating 2.8 2.8
7 0

『男はつらいよ 寅次郎純情詩集』とは

同名人気テレビドラマ『男はつらいよ』の映画シリーズ第18作目。脚本は前作『男はつらいよ 寅次郎夕焼け小焼け』に引き続き山田洋次と朝間義隆が共同執筆し、撮影は前作に引き続き高羽哲夫。監督は山田洋次監督である。 主演はテレビドラマ・映画同様の渥美清、共演には倍賞美津子、三崎千恵子、下條正巳。マドンナ役は、海外で主演作が次々と受賞し『グランプリ女優』と呼ばれた京マチ子と『あいつと私』(1976年)の檀ふみが演じる。寅次郎が母娘の二人に恋をする異色作である。

『男はつらいよ 寅次郎純情詩集』のあらすじ

「フーテンの寅」こと車寅次郎(渥美清)は、旅先からふらっと故郷である葛飾柴又に戻って来た。そこで、家庭訪問に『とらや』を訪れた妹のさくら(倍賞美津子)の息子・満男(中村はやと)の担任教師、柳生雅子(檀ふみ)と知り合い、浮かれた寅次郎は家庭訪問を壊してしまう。皆に責められた寅次郎は再び旅に出た。そして、旅先の別所温泉でお金が無いにも関わらず豪遊し、家族に迷惑を掛けてしまう。葛飾柴又に戻った寅次郎は、雅子と退院したばかりの雅子の母柳生綾(京マチ子)と出会う。そして何と、綾は寅次郎の幼少時代の友達であった。久しぶりの再会に喜ぶと同時に寅次郎は綾に心を奪われてしまうのだが......。

『男はつらいよ 寅次郎純情詩集』のスタッフ・キャスト

『男はつらいよ 寅次郎純情詩集』の感想・評価・ネタバレ

  • くろねこのどれい
    くろねこのどれい 3 2016年6月10日

    京マチ子の世間知らずな感じとそんな彼女に対しての寅さんの言葉、行動が良い。 永六輔が出演しているらしいが見つけられず。

『男はつらいよ 寅次郎純情詩集』に関連する作品