おっぱいバレー

おっぱいバレー

2009年製作 日本 102分 2009年4月18日上映
rating 3 3
151 6

『おっぱいバレー』とは

水野宗徳がラジオの構成作家時代に、実話をヒントに描いた小説家デビュー作『おっぱいバレー』を『海猿』シリーズの羽住英一郎監督が映画化。中学校新任女性教師が、顧問を務めるバレーボール部に「試合に勝ったら、おっぱいを見せる」という約束をしてしまい、やる気を出した部員たちと教師として成長してく新任女性教師の姿を描いた笑いと涙ありの青春コメディである。主人公は、ドラマ『世界の中心で愛を叫ぶ』で注目された綾瀬はるかが演じる。

『おっぱいバレー』のあらすじ

舞台は1979年、北九州市にある戸畑第三中学校。新任教師の寺嶋美香子(綾瀬はるか)は弱小男子バレーボール部の顧問に任命される。しかし、美香子を待っていたのは全くやる気のない5人の部員であった。美香子は部員たちに何とかやる気を出させたいと思い「試合に勝ったら、何でもする」と宣言したことで「試合に勝ったら、おっぱいを見せる」という約束してしまう。やる気を出した部員たちと信頼関係を築いてく中で、美香子自身も教師として、成長していく。試合を目前にしたある日、部員たちとの約束が学校に知られてしまい大問題になってしまうのであったが......。

『おっぱいバレー』のスタッフ・キャスト

『おっぱいバレー』の感想・評価・ネタバレ

  • Minori

    今まで見聞きしたことある映画の中で1番びっくりしたタイトルの映画 綾瀬はるか×男子中学生ということで、ただのドタバタ劇かと思いきや、結末を含め、思いのほか身が詰まってた そういえば私には恩師と呼べる人がいないことに気付いて少し寂しくなった

  • seiyatabata
    seiyatabata 0 2016年2月6日

    平成生まれだけど、昭和な感じがなんか好きです。

  • 山田利雄
    山田利雄 1 2016年1月30日

『おっぱいバレー』に関連する作品