007/慰めの報酬

007/慰めの報酬

2008年製作 アメリカ・イギリス 106分 2009年1月24日上映
rating 3.5 3.5
331 9

『007/慰めの報酬』とは

007シリーズ第22作。本作は『007 カジノ・ロワイヤル』の続編にあたる。ジェームズ・ボンドには前作に引き続きダニエル・クレイグ。そして監督は『チョコレート』や『ネバーランド』などヒューマンドラマを得意とするマーク・フォスター。その監督が初めてアクション大作のメガホンを取った。ダニエル本人が屋根づたいに走るシーンは特に苦労したそうだ。今回のボンドガールを務めたのは、オルガ・キュリレンコ。13歳でスカウトされ、モデルから女優に転身、ボンドガールに抜擢された。後にトム・クルーズ主演の映画『オブリビオン』にヒロインとして出演している。

『007/慰めの報酬』のあらすじ

前作『カジノ・ロワイヤル』の続編のこの映画は、そのラストのたった1時間後から物語が始まる。愛する恋人ヴェスパーを失ったボンドはその真相を追いかけていた。復讐を誓い、ハイチへ飛ぶボンド。そこで偶然カミーユという美女に出逢い、裏組織の幹部ミスターホワイトから巨大な裏組織の存在を聞き出す。表向きは環境保護を唱える慈善団体、しかし裏では天然資源の独占を企む会社『グリーンプラネット』。ボンドにMからグリーンの企みを阻止するようにとの命令が下される。はからずもカミーユもグリーンの仲間に家族を殺され復讐を誓っていた。ボンドとカミーユはそれぞれの目的のためにグリーンに立ち向かっていくのだった。

『007/慰めの報酬』のスタッフ・キャスト

『007/慰めの報酬』の感想・評価・ネタバレ

  • ricky

    記録

  • ◇○**
    ◇○** 3 2016年9月7日

    カミーユが現れた事でジェームズが報われたところは儚くも良かったところではあったけど、復讐は虚しさしか残らないなぁとつくづく思った。

  • syn490

    記録用

『007/慰めの報酬』に関連する作品