制服サバイガールI

制服サバイガールI

2008年製作 日本 78分 2008年12月6日上映
rating 2.5 2.5
3 0

『制服サバイガールI』とは

閉ざされたテーマパークを舞台に7人の女子高生たちが命を懸けて、ゾンビと戦うサバイバルアクション映画。監督と脚本を『ファミリーレストラン Family Restaurant』(2006年)の金子大志が務めた。 キャストには、『天使がくれたもの』(2007年)の飛鳥凛、『ひゃくはち』(2008年)の有末麻祐子、『神の左手悪魔の右手』(2006年)の紗綾、『デコトラの鷲 其の五 火の国熊本親子特急便』(2008年)の仲村みうら多数の人気アイドルを迎えた。

『制服サバイガールI』のあらすじ

ある日、女子高生の夏目さくら(飛鳥凛)、工藤坩那(有末麻祐子)、真崎ユリ(紗綾)、桐島朋絵(鹿谷弥生)、山名千草(小林万桜)、本多瑞希(秦みずほ) 、秋川葵(仲村みう)の7人は、葵の叔父が経営しているテーマパーク『サバイバルランド』へ遊びに行くことに。そこでは、攻撃をして来ない敵とシューティングゲームを楽しむことが出来るのだ。 武器を持った彼女たちはゲームを楽しんでいたのだが、突然敵の一人がゾンビ化し本物の武器で攻撃をして来る。恐怖で彼女たちは逃げ惑うしか出来ずにいるが、その間もゾンビは次々と増えていく。果たして、閉ざされたテーマパークに閉じ込められた彼女たちは無事生き残れるのだろうか......。

『制服サバイガールI』のスタッフ・キャスト

『制服サバイガールI』の感想・評価・ネタバレ

  • fish

    ■CAST  ●夏目さくら:飛鳥凜  ●工藤坩那:有末麻祐子  ●ユリ(浴衣の子):紗綾  ●トモエ(最初の犠牲者):鹿谷弥生  ●みずき(額に手裏剣刺された子):秦みずほ  ●ちぐさ(くノ一姿):小林万桜  ●葵:仲村みう  ●尾崎:高橋孝輔  ●葵の叔父・サバイバルランド所長:新堂新二  ●薬を撒く研究員:チョイチャック  ●サムライ:新井剣史  ●忍者:町田光  ●ガンマン:秋元良介   ■原作:━ ■監督:金子大志 ■脚本:金子大志/秋本健樹 ■音楽:和田永 ■時間:1時間18分 ■主題歌:━ ■配給:アートポート ■ジャンル:サバイバル/ホラー/女子高生 ■公開日:2008年12月6日 ■コメント    『Hulu』でB級映画のにおいがプンプンしてくる作品を発見。  でも、『仮面ライダーW』で出てた飛鳥凜さんが主演とあって観ない訳には。  ところどころ、ツッコミたくなる部分が多いけど、そこがB級らしい。  途中、仲間から抜けて一人、箱の中に隠れたままだった葵(仲村みう)はどうなったんやろ?って思ったらエンドロールの後にちょこっと映ってくれたけど、どーなるの??って感じで終わりました。  一人だけ、傷を負って少しずつ花を咲かせてしまった主人公は今後どうなるのか??

『制服サバイガールI』に関連する作品