パコと魔法の絵本

パコと魔法の絵本

2008年製作 日本 105分 2008年9月13日上映
rating 3.4 3.4
531 22

『パコと魔法の絵本』とは

2004年に公演された後藤ひろひと原作の舞台『MIDSUMMER CAROL ガマ王子vsザリガニ魔人』を『嫌われ松子の一生』の監督・中島哲也が映画化。日本で長編映画として初めての3DのCGと実写を駆使し製作された。脚本は、監督の中島哲也と門間宣裕の共同執筆である。完成披露記者会見で登場した飛び出す絵本は、「世界最大の飛び出す絵本」としてギネスブックに申請された。また同年の映画祭では、第32回日本アカデミー賞[最優秀美術賞をはじめ、計11の賞を受賞。 パコ役にはオーディションで選ばれ本作がデビュー作となるアヤカ・ウィルソン。 そして、役所広司、妻夫木聡、阿部サダヲら豪華キャストが出演した。

『パコと魔法の絵本』のあらすじ

遠くはない昔、変わり者ばかりが集まる病院があった。そこは、患者だけでなく、医師や看護師まで変な人たちばかり。中でも偏屈で病院一の嫌われ者の大貫(役所広司)は、周りから「クソジジイ」とまで呼ばれていた。そんなある日、大貫は毎日絵本を読んでいるパコ(アヤカ・ウィルソン)と言う少女に出会う。そこで大貫は意地悪でパコのほっぺたを叩いてしまうのだった。 ところが翌日になり、大貫はパコと顔を合わすが何事もなかったかのように振る舞うパコ。実は、彼女は交通事故に会いその後遺症で1日しか記憶がもたない障害を持っていたのだ。そして、その事故で両親を亡くしたことも知らずにいると言う。それを聞いた大貫は生まれて初めて泣いてしまう。純粋なパコを通して大貫の心に大きな変化が起きた。彼はパコの為に自分には何が出来るのか考え始めるのであった…。

『パコと魔法の絵本』のスタッフ・キャスト

『パコと魔法の絵本』の感想・評価・ネタバレ

  • Yuk@

    さすが、中島監督作品!! なんというか、 色彩、音楽、キャラクターが すごく独特なんだけど 悪くない!!

  • だ

    ハートフルウォーミング ぱこちゃんを娘にしたい

  • yui☁️
    yui☁️ 1 2015年12月23日

    小さい頃に見て、雰囲気がトラウマになり最近になるまで映画館で邦画を見れませんでした...

『パコと魔法の絵本』に関連する作品