映画ドラえもん のび太と緑の巨人伝

映画ドラえもん のび太と緑の巨人伝

2008年製作 日本 112分 2008年3月8日上映
rating 3.5 3.5
39 0

『映画ドラえもん のび太と緑の巨人伝』とは

人気アニメ『ドラえもん』の映画28作品目。メインキャストが入れ替わってからでは、初のオリジナル作品。2008年劇場公開。植物だらけの星「緑の星」を舞台に、植物星人とドラえもん達が戦いを繰り広げる。 監督は、前々作『ドラえもん のび太の恐竜2006』で監督を務めた渡辺歩が再びメガホンをとる。アニメーション制作は、『笑ゥせぇるすまん』『美味しんぼ』のシンエイ動画。主題歌は女性歌手の絢香の『手をつなごう』。 声優は、ドラえもん役に水田わさび、のび太役に大原めぐみ、しずか役にかかずゆみ等、テレビシリーズと変わらぬキャストが出演。また、今作のゲスト声優には、リーレ役には女優の堀北真希、キー坊役に吉越拓矢が出演。

『映画ドラえもん のび太と緑の巨人伝』のあらすじ

ある日のこと。のび太は、裏山から小さな苗木を拾ってきて家に持ち帰ってきた。ママからは、庭には植えてはダメと言われる。のび太は、それなら、苗木を自由に動き回れるようにしたいと願い、ドラえもんの秘密道具の「植物自動化液」を使い、苗木を自由に動けるようにした。のび太は、苗木にキー坊と名づけ、自分の弟の様に可愛がり、愛情を持って育てることになる。キー坊は賢く、文字を書き、新聞を読んだりと、知能がグングン成長していった。 ある時、ドラえもんやのび太達とキー坊は、裏山へ行くが、突然現れた巨大な渦に巻き込まれてしまう。気がつくとそこは、辺り一面緑に覆われた星だった。そこでドラえもん達は、植物星人の恐ろしい計画を知ることとなる……。

『映画ドラえもん のび太と緑の巨人伝』のスタッフ・キャスト

『映画ドラえもん のび太と緑の巨人伝』の感想・評価・ネタバレ

  • もち

    ジブリのオマージュかなと思った。 どうなんでしょう?

  • タカイ
    タカイ 2 2014年8月31日

    大山のぶ代世代の大長編を知っていると、どうしても物足りなく感じてしまいます。エンディングの絢香の歌はとても良い

  • Yuk@

    2014

『映画ドラえもん のび太と緑の巨人伝』に関連する作品