アリータ バトル・エンジェル

アリータ バトル・エンジェル

Alita: Battle Angel
2019年製作 アメリカ 122分 2019年2月22日上映
rating 4.1 4.1
16 3

『アリータ バトル・エンジェル』のスタッフ・キャスト

『アリータ バトル・エンジェル』の感想・評価・ネタバレ

  • U2

    原作を知らずに見たが、アバターよりかなり子供向けな印象だった。

  • naho

    アリータ可愛いくて芯があってすき。 バトルエンジェルってネーミングのダサさに 全然観る気が起きなかったけど 思ってたのとちょっと違うし バトルシーンは結構見応えがあったり AIとはなんだかまた違くて 心のあるキャラクターも多くて 続編あるなら観たい。

  • s_p_n_minaco
    s_p_n_minaco 0 2019年3月31日

    漫画原作だけど、割とYA向けSF小説っぽい印象。サイボーグのアリータが誰よりも感情表現豊か、むしろ直情的で、子供みたいに自由に泣き笑い、愛に燃え怒りに燃え、大きな敵を相手に立ち向かうエモーショナルなアクション表現で物語を進める。設定を詳細に理屈付けるより話が早く、流れがわかりやすい。 更に、ロドリゲスは甘酸っぱい青春映画やロマンスにてらいがないし、ベタを恐れないので、今作でもアクションと同じくらい比重を置く。初めての社会経験を積むことで成長するアリータはまるでピノキオ、クリストフ・ヴァルツがゼペット爺さんだ(但し、ボディのグレードアップ=少女から大人の女性とするのは何だかなあ)。アクションシーンは銃を使わないウェスタン活劇っぽくもあり、メカの人体破壊描写はバンバンあっても、生身の人(と犬)は見せないところが良心的。 相手役キーアン・ジョンソンはどうもパッとしないが(まあそういう役だし)、マハーシャラ・アリやジェニファー・コネリー、ムカつく顔エド・スクライン、良い友達といえばジョージ・レンデボーグJrなど脇役がちゃんと見せ場のある良い仕事。殆ど見た目の原型がわかんないけど主演ローサ・サラザールは声の演技だけでも評価したい。いい塩梅のブックとアングルとジョバーが揃った、いいプロレスだった。 あと、街中のギター弾きの曲はロドリゲスだろ?と思ったら、やはりそうだったみたい。続編があるなら、ぜひあの愛犬家ハンターに活躍してほしい。ミッキー・ロークがやりそう。

『アリータ バトル・エンジェル』に関連する作品