ノストラダムスの大予言

ノストラダムスの大予言

1974年製作 日本 114分 1974年8月3日上映
rating 0 -
0 0

『ノストラダムスの大予言』とは

五島勉著「ノストラダムスの大予言」原作に1974年製作。 「1999年7の月に人類は滅亡する」という内容の原作は公害問題などで将来に不安を抱えていた当時の日本でベストセラーとなり、日本のノストラダムスブームの火付け役的作品となった。 『社葬』の舛田利雄 が監督、『絶唱』の八住利雄が脚本担当し、『東京湾炎上』の中野昭慶が特撮監督をつとめた。 『たそがれ清兵衛』の丹波哲郎、『侍』の黒沢年男、『獄門島』の司葉子、テレビドラマ「水戸黄門」シリーズの由美かおるらが出演している。

『ノストラダムスの大予言』のあらすじ

東京、西山環境研究所の所長・西山良玄(丹波哲郎)は若い所員たちを指揮し、大気汚染分析に取り組んでいる。「このまま大気汚染や自然破壊が進むと、異常気象が起こり、ノストラダムスの予言の通り人類滅亡の日は近い将来現実となる可能性がある」と、行き過ぎた開発、環境汚染をやめるよう良玄は訴え続けるが、それが不都合な企業などから報復や妨害が行われてしまう。 一方、良玄の娘・まり子(由美かおる)の婚約者・報道カメラマンの中川(黒沢年男)の故郷の村で赤潮や、能力が以上発達した子どもたちが出現するなど奇妙な現象が起こり始める。異常な現象が徐々に日本各地に拡大していくなか、世界でも異常気象、干ばつによる食糧難が巻き起こり、世界的パニックが巻き起こる。良玄はこの人類滅亡の危機を救う為、国会で訴えるが……。

『ノストラダムスの大予言』のスタッフ・キャスト

『ノストラダムスの大予言』の感想・評価・ネタバレ

  • レビューがありません。

『ノストラダムスの大予言』に関連する作品