メアリと魔女の花

2017年 日本
rating 3.1 3.1
33 12

「メアリと魔女の花」とは

スタジオジブリから独立した米林宏昌監督が最初に手がけたファンタジーアニメ。米林監督はジブリ時代には『借りぐらしのアリエッティ』『思い出のマーニー』などの監督を担当。同時期にジブリを退社した西村義明プロデューサーが設立したスタジオポノックの長編作品第1作でもある。イギリス人作家である メアリー・スチュアートの児童文学『The Little Broomstick』(小さな魔法のほうき)が原作。 キャラクターデザインや演出、メインの声優陣にプロの声優ではなく俳優を起用している点、イギリスの児童文学を原作としている点など、ジブリ作品を彷彿させることでも話題に。

「メアリと魔女の花」のあらすじ

赤い館村に引っ越してきた11歳の少女メアリ。ある日、黒猫のティブと出会ったことをきっかけに7年に一度しか咲かないと言われる禁断の魔女の花である『夜間飛行』を見つける。一夜だけの魔法の力を手に入れたメアリは、魔法世界の最高学府へと導かれていく。 しかし、メアリがついたたった一度の嘘が魔法世界を揺るがす大事件へと発展してしまう。魔女の花の秘密とは何なのか?魔法が渦巻いた世界で無力な少女が、小さな約束のために奮闘する。

「メアリと魔女の花」のスタッフ・キャスト

「メアリと魔女の花」の感想・評価・ネタバレ

  • Karin_Yokoyama
    Karin_Yokoyama 3 21日前

    考察すればするほど中身がなかったなあ、という感想が濃くなっていく。

  • chiho
    chiho 2 22日前

    あらゆるジブリをごちゃ混ぜにして結局なんだったのか。 ただのジブリっぽいアニメってだけで全く深みがない。中途半端。 こんなに心に波風たたないアニメ映画ってすごいな。 米林監督には散々がっかりしてきたので期待はしてなかったけどいい加減もうスルーします。 声優陣、豪華だけど、やっぱり役者だな、エゴがすごい。絵の表情と声が全然あってないよ。。

  • YukiSato
    YukiSato 3 22日前

    クライマックスに物足りなさを感じるものの、優しく分かりやすい物語。インテリアが可愛らしく、オシャレ。ジブリ感は拭えないが、それもジブリへのリスペクトだと感じる。

関連する記事

「メアリと魔女の花」に関連する作品