勝手にふるえてろ

勝手にふるえてろ

2017年製作 日本 117分 2017年12月23日上映
rating 3.6 3.6
33 20

『勝手にふるえてろ』のスタッフ・キャスト

『勝手にふるえてろ』の感想・評価・ネタバレ

  • とし
    とし 4 10月2日

    松岡茉優の良さが存分に出ているな。原作で読んだヨシカそのものだった。思っている事を腹にしまい妄想の世界で帳尻合わせをするがそれが溢れて口から毒を吐くように感情を出すのはとても人間らしいし現実では理想とは違うことが多々ある。その折り合いを決めるのも自分だ。女性の友達のバランスは理解出来ない部分もあるけど友達が自分の隠しておきたい事を話されていて裏切られたとなるのだけどそこは本当に悪気があって話してしまったのだろうか?それがワザとだったらかなり怖いしぽろっと話してしまった事ならそこまで敬遠することではないはずで捉え方で大きく変わるな。二みたいな人はウザくもあるが本音で語れる人は人生においてとても大事。

  • Shoichi Hiraki
    Shoichi Hiraki 3 6月16日

    2018/06/10

  • Kenzo
    Kenzo 4 5月22日

    「勝手にふるえてろ」 根暗な女ヨシカ。学生時代は憧れの男の子イチを見つめながら妄想漫画を教室の隅で描いていた影の薄い娘で、同窓会であの子誰だっけと言われるタイプ。 社会人になってもイチへの想いと妄想は止まっていない。 そんなヨシカに興味を持ちデートに誘った、物好きでなかなかな曲者、同僚の二。 勝手に二人の間で揺れるこじらせ根暗女子ヨシカのラブコメディ。 松岡茉優さまのファン増殖映画です。上手すぎます。素晴らしい演技でした! そしてまさかの黒猫チェルシーの渡辺さん、初見ですが抜群に良かった!絶妙なルックス。ナイス采配。 最初のシーンと、そのあとに続くシーンでしばらくちょっとした違和感と、こいつ自己中すぎない?って思いが残ります。きっとこんな女の子を嫌いな人も少なくはないでしょうが、どうか暖かく見守ってください。笑 ただのラブコメではありません。 中盤で見事な緩急を見せて、彼女たちの孤独と苦しみと痛みと、そして逃げてきたことが、ヨシカたちと僕たちを突き刺してひとつなぎになります。 「絶滅した方が良いんでしょうか?」 って思ってしまうような痛みがあるけど、その上で、ヨシカだけでなく共感する部分があった人もろとも、「そんなことないよ、でも大事なのは…」って少しずつすくい上げてくれるんです。 ラストの拙いセリフがほんとに名シーンで。人間関係においてもとても大切な考え方だなーなんて感じました。 ただ一言、根暗女子な割にはファッションセンス高すぎるぜヨシカ!笑

『勝手にふるえてろ』に関連する作品