昭和残侠伝 吼えろ唐獅子

昭和残侠伝 吼えろ唐獅子

1971年製作 日本 96分 1971年10月27日上映
rating 3.5 3.5
1 0

『昭和残侠伝 吼えろ唐獅子』のスタッフ・キャスト

『昭和残侠伝 吼えろ唐獅子』の感想・評価・ネタバレ

  • southpumpkin
    southpumpkin 3 2017年3月18日

    旅人の花田秀次郎(高倉健)は客人として草鞋を脱いだ組で、駆け落ちをした若者(松方弘樹)を追うように命じられ、金沢に向かう。 シリーズ中、鶴田浩二が出演する唯一の作品ですが、メインは高倉健と池部良に違いありません。本作が他作に比べて優れているのは、花田秀次郎の性格が伏線として張られている点。全編通して旅人として筋を通すことに重きを置く花田秀次郎が描かれます。嫌々ながらも若者を追い、若者が女と逃げるのを「筋が通らない」と阻んだりします。が、ラストで刃を剥き「筋なんか関係ねえ!」怒号を飛ばすことでスッキリと映画が幕を閉じます。花田秀次郎の呵責が描かれた良作だったと思います。高倉健はもしかすると本作をベストに挙げるんじゃないでしょうか。

『昭和残侠伝 吼えろ唐獅子』に関連する作品