バリー・シール アメリカをはめた男
バリー・シール アメリカをはめた男
American Made
2017年製作 アメリカ 2017年10月上映
rating 3.3 3.3
50 4

『バリー・シール アメリカをはめた男』のsouthpumpkinの感想・評価・ネタバレ

southpumpkin
southpumpkin 3 2018年8月7日

妻子持ちのパイロットがCIAに引き抜かれたのをきっかけに密輸業にも手を染めていく…。 豪奢で破滅的な人物の半生を描いた映画のことを語るとき、安直な僕はすぐにマーティン・スコセッシ的としてしまうのですが、本作も大変スコセッシ。汚いお金の置き場に困っちゃうところや、一人のクズが主人公の立場を危うくしちゃうところなど、実にスコセッシです。タイトルと真逆で結局主人公はアメリカのいいように使われた男なのですが、その主人公を演じるトム・クルーズのスマイルがどこまでもアメリカ的なのが大変皮肉。なるほどこれはいいトム様です。イメージを少し外すナイス配役。爆発にびっくりする時の演技などはイーサン・ハントみたい。