栞

2018年製作 日本 118分 2018年10月26日上映
rating 4.5 4.5
1 0

『栞』とは

理学療法士の青年が懸命に生きようとする患者たちと向き合い、自分の無力感を乗り越えようとする物語。元理学療法士であり映像制作にも携わる榊原有佑監督が自身の体験を織り交ぜて原案と脚本も担当した。 真面目な理学療法士、高野雅哉役には『雨の首ふり坂』などの三浦貴大を抜擢。彼の活力となる元ラグビー選手の藤村孝志は、『神さまの轍 check point of the life』などに出演してきた阿部進之介が演じた。佐藤玲、鶴見辰吾、池端レイナらが出演して作品を盛り上げる。

『栞』のあらすじ

誠実な理学療法士である高野雅哉が勤める病院に、疎遠だった父が入院してきた。脳腫瘍に侵され日に日に死に近づいていきながらも延命治療を拒否する父を目の当たりにする一方で、自分が担当している患者の症状が悪化し衰弱してしまう。理学療法士である自分が何も患者たちの力になれていないという現実に思い悩む雅哉。 そんな時、雅哉は試合中に負傷し半身不随となってしまった元ラグビー選手と出会う。懸命に生き前向きにリハビリに励む彼の姿から力をもらい、雅哉は再び理学療法士という仕事に情熱を燃やし始める。ある日、父が延命治療を受け入れると言い出して……。

『栞』のスタッフ・キャスト

『栞』の感想・評価・ネタバレ

  • レビューがありません。

『栞』に関連する作品