『鈴木家の嘘』とは

長男の死から始まる家族の混乱と感動の物語。息子の死という反動から記憶を失った母のため、家族は一世一代の嘘をつく……!メガホンを取るのは、『氷菓』や『嘘を愛する女』などの数々の作品で助監督を務めてきた、本作が初監督作品となる野尻克己。父親役を岸辺一徳、母親役を原日出子、引きこもりの長男を加瀬亮、そして叔母役を岸本加世子がそれぞれ演じる。また、長女役は、本作のオーディションで見事ヒロインに抜擢された木竜麻生が務める。

『鈴木家の嘘』のあらすじ

鈴木家の長男・浩一は、ある日突然帰らぬ人となってしまう。その事実に大きなショックを受け、受け止めることができない母は自分の記憶を失い、入院することになる。残された父と娘は、笑顔を守るため、記憶を失った母にある一世一代の嘘をつくことにする。それは、“引きこもりだった長男・浩一は、家を出て、世界に飛び出していった”のだと……。それを信じる母。残された家族は母の笑顔を守るため、母を想うがために、嘘に嘘を塗り重ねていくことになる。そして、父と娘は、嘘のつじつまを合わせるために奔放する日々を送るのであった……。

『鈴木家の嘘』のスタッフ・キャスト

『鈴木家の嘘』の感想・評価・ネタバレ

  • レビューがありません。

『鈴木家の嘘』に関連する作品