立ち去った女

立ち去った女

Ang babaeng humayo
2016年製作 フィリピン 228分 2017年10月14日上映
rating 3.3 3.3
3 1

『立ち去った女』のスタッフ・キャスト

『立ち去った女』の感想・評価・ネタバレ

  • southpumpkin
    southpumpkin 3 2017年10月29日

    30年もの間、無実の罪で投獄されていた女が釈放。黒幕への復讐を果たす上で様々な人と出会う。 ラヴ・ディアス監督作。長尺の傑作を数多く残し、怪物的映画監督とも言われるフィリピンの作家です。金獅子賞を受賞した本作は228分という短さだそうで、期待を胸にイメージフォーラムでの鑑賞に臨みました。 映画のあり方を再構築していると感じます。9割以上のシーンを固定カメラから撮影し、画面構図も凄まじいアイディアに満ちています。どのシーンもまるで動く写真。観客は大音量大画面を目の前に座ったままストーリー性のある動く写真展を眺めているのです。その写真展のテーマは幅広く且つぼんやりとしており、とても抽象的。観る人によって感想は異なるでしょうが、個人的には信仰。神はどこにいるのか、相手にしてみれば自分こそが神なのかもしれない。この『立ち去った女』というタイトルは解釈の大きな一助となっています。誰が立ち去った女なのか、気にしながら観るとさらに面白いはずです。 近代の似た映画監督とするならばロイ・アンダーソンでしょう。ロイ・アンダーソンが巨大なSF的人工物で画面を設計していたのに対し、ラヴ・ディアスはそれをどこにでもある日常の風景で完結させてしまう。写真家はこの映画で勉強すれば良いと思います。

『立ち去った女』に関連する作品