36.8℃ サンジュウロクドハチブ

36.8℃ サンジュウロクドハチブ

2017年製作 日本 65分 2018年7月7日上映
rating 0 -
0 0

『36.8℃ サンジュウロクドハチブ』とは

全国各地の自治体と協力して作るオリジナル映画「ぼくらのレシピ図鑑」シリーズの第一弾。映画の舞台となる兵庫県加古川市で暮らす女子高生の日常を、加古川市の風景や食を交えてみずみずしく描く。『幸福のスイッチ』で父娘の関係を繊細に表現した監督・安田真奈が、11年ぶりに待望の新作に挑む。主演女優はNHK連続テレビ小説『わろてんか』でヒロインの妹役を演じた堀田真由。両親役には渡辺真紀子、寺脇康文といったベテラン俳優が起用された。友人役には岸本華和、平井亜門らフレッシュな顔ぶれが並ぶ。本作にはオーディションで選ばれた地元民も多く参加している。

『36.8℃ サンジュウロクドハチブ』のあらすじ

兵庫県加古川市に住む17歳の女子高生・若菜は、なにかにつけて遠慮してしまう性格の持ち主。家族や友達と穏やかに当たり障りなく暮らしているが、周囲の人々との説明しがたい温度差に悩んでしまうことがある。また、将来への不安や家族からの過度に感じられる期待、元カレとの関係のことなどで悩んでいた。その悩みを相談できる相手が、若菜には1人しかいない。それはSNSで知り合ったOLのみずほだった。ある日友人から、お化け屋敷に行こうと誘われる。お化けは苦手な若菜だが、周りに気を遣うあまり友人からの誘いを断ることができず、気乗りしないまま遊びに出かけるのだが……。

『36.8℃ サンジュウロクドハチブ』のスタッフ・キャスト

『36.8℃ サンジュウロクドハチブ』の感想・評価・ネタバレ

  • レビューがありません。

『36.8℃ サンジュウロクドハチブ』に関連する作品