君が君で君だ

君が君で君だ

2018年製作 日本 104分 2018年7月7日上映
rating 4 4
6 1

『君が君で君だ』とは

松居大悟が原作、脚本、監督を務めた完全オリジナル作品。同じ女性に恋した男性3人が、彼女の理想の人(実在の有名人)になりきるという異色のラブストーリーである。尾崎豊になりきる男に主演の池松壮亮、ブラッド・ピットになりきる男に満島真之介、坂本龍馬になりきる男を大倉英二が演じる。ヒロインは『息もできない』の韓国女優キム・コッピ。その他には向井理、高杉真宙、YOUなどの俳優陣が脇を固めている。エンディング曲は、尾崎豊の「僕が僕であるために」が使用された。

『君が君で君だ』のあらすじ

姫に恋する男性3人は、彼女の部屋が見えるアパートを借りて共同生活を送っていた。しかも彼女の理想の男性、尾崎豊、ブラッドピット、坂本龍馬になりきり10年間も彼女を見守っていた。ところが、仕事もせずにぶらぶらしている宗太を好きになった姫は、彼の借金を肩代わりするようになる。そして、借金取りの星野と手下の友枝が姫に執拗な取り立てを始めた。ある日、姫を観察する3人の男の存在に気づいた友枝が、男達の住むアパートに乗り込んでくる。

『君が君で君だ』のスタッフ・キャスト

『君が君で君だ』の感想・評価・ネタバレ

『君が君で君だ』に関連する作品