ビッグ・シック ぼくたちの大いなる目ざめ

ビッグ・シック ぼくたちの大いなる目ざめ

The Big Sick
2017年製作 アメリカ 2018年2月23日上映
rating 3.5 3.5
6 3

『ビッグ・シック ぼくたちの大いなる目ざめ』のスタッフ・キャスト

『ビッグ・シック ぼくたちの大いなる目ざめ』の感想・評価・ネタバレ

  • s_p_n_minaco
    s_p_n_minaco 0 5月27日

    お互いの家族のカルチャーギャップ・コメディなのかと思ったらそうではなくて、すごくフィールグッドなロメコメだった。2人が恋に落ちて、別れて、しかも彼女は昏睡状態に。実話ベースなのにどうなるのかとハラハラしたり、ちょっとホロリときたり。スタンダップコメディアンとして見せるクメイルのネタはどれも面白かったし、会話にはジョークが欠かせないからすごく楽しい。ナードなネタもたっぷりで、エミリーとのやり取りはいちいちツボ。何せゾーイ・カザンの喜怒哀楽そのものがロマコメだ(ああ自分にも少しはゾーイ・カザン成分がほしい)。 面白いのは、パキスタン伝統のお見合い、エミリーの両親、ステージ上の芸、ナンパの手口、病院の治療、どれも繰り返すうち些細な突破口でブレイクスルーしていくこと。そもそも2人の出会いもラストも客席からのハプニングだ(つまりエミリーは母親似!)。一発で劇的に変わったりはしないけど、マンネリもやがて無理を来す。但し、定番ネタしかしない芸人(またはマニュアル通りの店員)もいるが、それを否定はしない。だがパキスタン文化や家族を捨てる気はないクメイルも、不測のハプニングを経て、やがて縛られたルールに風穴を開けることになる。しがらみを自分なりに打破するためのマジックとして、映画は様々に爽やかなブレイクスルーを見せてくれる。

  • しょうちゃん
    しょうちゃん 4 3月1日

    人気コメディアンのクメイル・ナンジアニが、 自身と妻エミリー・V・ゴードンとの馴れ初めにまつわる驚きの実話を、 エミリーとともに脚本を手がけ、 自ら主演して映画化。 白人女性と恋に落ちたパキスタン系移民のクメイルが、 まるで文化の異なる家族と恋人のはざまで揺れ動くさまと、 思わぬ障害に直面した2人の恋の行方を、 移民を巡るアメリカ社会の実情とともにユーモラスなタッチで描き出す。 主役のクメイル・ナンジアニと奥さんとの出会いを描いた自伝的映画。 主人公がパキスタン人といのが新しい。 ゾーイ・カザンとホリー・ハンター以外は、 ほとんどコメディアンで構成されたキャストはみんな面白い。 中でもベス演じるホリー・ハンターが素晴らしく、 クメイルに対して差別発言をした男に食ってかかるくだりは胸が熱くなる。 クメイルの両親は、 厳格なイスラム教徒の家族という部分だけに終わらず、 彼らの日常やユーモア溢れる部分にも触れている内容は良かった。 本作はどんなに深刻な状況においても、 必ずユーモアが描かれている。 一見クメイルの自伝的映画のようで、 大いなるアメリカンドリームの話でした。

『ビッグ・シック ぼくたちの大いなる目ざめ』に関連する作品