ミスミソウ

ミスミソウ

2018年製作 日本 114分 2018年4月7日上映
rating 2.8 2.8
7 1

『ミスミソウ』のスタッフ・キャスト

『ミスミソウ』の感想・評価・ネタバレ

  • southpumpkin
    southpumpkin 3 2018年4月26日

    家族で田舎に越してきた少女を待っていたのは壮絶ないじめ。その少し前に越してきた少年に手を差し伸べられデートに行って帰ってくると、家族が全員焼き殺されていた。 胸糞作品大好きマンとして欠かすことのできなかった本作は原作から予習済み。万全を期しての鑑賞でしたが、良くも悪くも原作通り。ストーリーの前半部は好みなのに、後半部になってからいまいちになってくるんです。上に書いた初めの展開など本当に(不謹慎ながら)最高。少女が三人組の女の子をどうこうする辺りも最高なのです。しかし徐々に全員狂っていく展開が苦手。意味も分からず全員狂い(初めから狂っており)、主人公の特大リベンジが少し霞むんです。僕が求めているのは、それこそ最近鑑賞した『人魚伝説』のような、日常や社会の歪みを女一人が一挙に担い、狂い、復讐する映画なんです。復讐先は平常運転でのうのうと暮らしていてほしい。完全に好みの問題でしょう。 見事に原作を映像化したと言える本作ですが、オリジナリティを挙げるとするなら、どぎつい色彩でしょう。赤、白、黒、それぞれに意味が与えられておりとても映画的。 容赦ないバイオレンス描写にもこだわりを見せていますが、個人的にはマイナス。どうも血の吹き出し方にCGを使うのが慣れないんです。あと殴打するとき少し早回しになる辺りなども。この辺は東映実録で親しんだ暴力描写を気に入っているからなのだと思います。 役者陣は相当気合が入ってました。山田杏奈は結構いいし、好きなのは流美ちゃん役の女の子。監督がオーディションで一目惚れしたやつだ〜〜ってなります。

  • Tsubasa Kawano
    Tsubasa Kawano 3 2018年4月19日

    実写でこれだけ再現されるとなかなかにキツかった。全員狂ってるってのは見てて爽快。人の心は弱い。

『ミスミソウ』に関連する作品