万引き家族

万引き家族

2018年製作 日本 120分 2018年6月8日上映
rating 4 4
73 15

『万引き家族』のスタッフ・キャスト

『万引き家族』の感想・評価・ネタバレ

  • エミデブ
    エミデブ 3 10月26日

    久しぶりに映画館で観た。 パルムドール。なるほど、たしかにこの映画が包含してるテーマというのは、この国の当たり前な日常の中にある危機というか、実際に起こっている問題だった。そして、父になるからの流れを考えると是枝監督が描く映画は他に類をみないほどリアルだ。カーチェイスあり爆発ありのアクションと比べると、本当にリアルな日常なのだ。そのリアルをあえて画面を通して客観視することでその違和感を日本人として改めて感じることができる。だとしてもここまでの高評価の嵐に若干の違和感は覚える。まぁ評価しないと分かってないみたいな顔されるもんな。 正直少し賞レースを冷めた目で見てる自分からすると評価された点はそこではないかと思う。少し前にBBCが製作した日本で強姦にあった女性をフィーチャーしたドキュメンタリーが話題になったこととも重なる点がある。つまり海外の人が持ってる表面的な日本のイメージではなく、かなりミクロな視点で見るこの国の問題とリアルな生活なのだ。日本人でもそのリアルさに慄くのだ。外国人が日本人としてリアルを体現できるのにこれほどうってつけな映画はないだろう。 よく聞く話だ。日本ではいまだに舞妓さんが街を歩き侍や忍者が平気で存在して、あとはアニメ!新幹線!富士山!機械化が進む豊かな国!どれも旧世代的というかやはりこの国を深くは知らないのが受け取れる。だが、日本でも虐待は嫌という程ニュースで流れてくる現状で、生活するのもギリギリな家族もたくさんあって、こんな形の性風俗があって、親戚との付き合いはこんな感じで、そんな実は生きるだけでも複雑な日本だったりするのだけれど、その中にも温かい関係性があって、まぁ悪いことばかりじゃないよ。っていう。流石にこの家族の形はアレだけど、僕が育った中で関わった人には近い境遇の人がいたり、大人になるまでそれがどういうことか分からなかった目に見えない格差だとか、この国で育っていく中で慣れてしまって当たり前と思ってたことが客観的に観ると変だなぁと思うところがあったり。でもまぁ、つくづくリアルだなぁと思う。そう言った意味で観てるだけで苦しい映画だった。こういうことが今もこの国ではどこかで起こっている。その中でこの国の人々は幸せを見つけていくのだ

  • しのあき
    しのあき 4 9月8日

    ★4.2

  • manikademonika
    manikademonika 4 8月21日

    久々の、心掴まれてしかたない映画。 思い出したい場面がたーくさんある。それを頭の中で思い返すだけでも、なんだか心地良くなる。 これだけしっかりと心から、掴んでくれる映画はそうないなぁ。 とだけ記.

『万引き家族』に関連する作品