人魚の眠る家

人魚の眠る家

2018年製作 日本 120分 2018年11月16日上映
rating 4 4
25 5

『人魚の眠る家』とは

離婚予定だった夫婦が、娘が事故にあったことから究極の選択に直面するヒューマンミステリー。原作は、人気作家・東野圭吾による同名ベストセラー小説。1つの決断がそれぞれの運命を変える……。別居中で離婚予定にある夫婦、播磨薫子と和昌を演じるのは、篠原涼子と西島秀俊の2人。本作で夫婦役として映画初共演を果たす。その他、坂口健太郎、川栄李奈や山口紗弥加らが脇を固める。本作でメガホンを取るのは、『明日の記憶』で2015年に日本アカデミー賞優秀作品賞を受賞した堤幸彦監督。

『人魚の眠る家』のあらすじ

別居中の仮面夫婦、播磨薫子とその夫・和昌は、娘の小学校受験がひと段落したら離婚する予定だった。しかし、ある日娘の瑞穂がプールで溺れたとの知らせが耳に入る。瑞穂は意識不明であり、医師から脳死の診断を受ける。2人に与えられた選択は、脳死を選択し臓器提供を申し出るか、娘の心臓が止まるのを待つかの2つであった。2人は話し合いの末、臓器提供をすることに決める。 しかし、娘との最後の時、薫子は瑞穂の手が一瞬動くのを見て、臓器提供を拒否する。夫・和昌は、家族のため、自分の会社の最先端技術を駆使して誰も試したことのない延命治療を娘に施し始める。しかし、彼らの決断は、薫子の人格を変えていくことになる……。

『人魚の眠る家』のスタッフ・キャスト

『人魚の眠る家』の感想・評価・ネタバレ

  • けんしろー
    けんしろー 3 2月2日

    めちゃくちゃ怖かった。 医師から脳死の診断を受けた子供を家で育てる。

  • やじろべえ
    やじろべえ 4 2020年4月6日

    なかなかハード。 よく分かると寄り添う気持ちから、最後は何か違うだろと畏怖する気持ち。 そしてその中間をリアルに感じられた話の運びがすごい。 そして、中途半端な気持ちで終わらせる事ない結びに、気持ちが救われました。

  • kjhyk

    切ない。とっても切ない。刹那い。娘がいる身としては篠原涼子扮する奥さんの想いは分かる。特に腹を痛めて産んだ母親はそうなるよねと。実際初めての子を産んでしばらくは端から見ると狂気に見えちゃうようなときもあるし。そして家族以外の人たちの見る目。怖い物を見るような目。変人を見るような目。そっちもわかるわ。公園ですれ違ったおばはんの目嫌な感じだったなー。終盤篠原涼子の狂気を沸点に達したところでの姪っ子の告白。号泣しかない。つらいよ。映画としては面白かったが、もう2度と見たくはない作品。つらいから。

『人魚の眠る家』に関連する作品