アニー・イン・ザ・ターミナル

アニー・イン・ザ・ターミナル

Terminal
2018年製作 イギリス・ハンガリー・アメリカ・香港 90分 2018年7月上映
rating 0 -
0 0

『アニー・イン・ザ・ターミナル』とは

殺し屋としての裏の顔を持つ美女の復讐劇を描いたリベンジスリラー。監督は『ワールド・ウォーZ』などで助監督を経験し、今作が長編映画初挑戦となるヴォーン・ステインが務めた。『スーサイド・スクワッド』のハーレイ・クイン役で注目を浴びたマーゴット・ロビーが、本作の主人公アニーに扮する。アニーに思いを寄せる教師には、「ミッションインポッシブル」シリーズや「スタートレック」シリーズなど数多くの有名作に出演しているサイモン・ペッグが起用された。アニーが狙う殺し屋2人組は、デクスター・フレッチャーとマックス・アイアンズが演じる。

『アニー・イン・ザ・ターミナル』のあらすじ

末期の病気を患っており、自殺を考えていた国語教師のビルは、ウエイトレスのアニーに誘われてダイナーに入店する。アニーは街で起こる厄介ごとを処理し、後始末する冷酷な暗殺者という裏の顔があった。そうとは知らないビルはアニーのミステリアスな雰囲気に惹かれ、彼女の虜になっていく。彼女が働くダイナーには、ある男の指示のもと動く2人の暗殺者も通っていた。2人は男から依頼されている新たな仕事を遂行しようとするも、自分達の命も狙われていることに気づく。一見すると関係が無さそうな彼らだが、アニーが目論んでいる復讐計画にはどれも欠かせない人物たちだった。

『アニー・イン・ザ・ターミナル』のスタッフ・キャスト

『アニー・イン・ザ・ターミナル』の感想・評価・ネタバレ

  • レビューがありません。

『アニー・イン・ザ・ターミナル』に関連する作品