高崎グラフィティ。

高崎グラフィティ。

2018年製作 日本 107分 2018年8月25日上映
rating 0 -
0 0

『高崎グラフィティ。』とは

映像制作会社のオフィスクレッシェンドが開催した映像コンテスト「未完成映画予告編大賞」において、第1回目のグランプリを受賞した企画の映画化。群馬県高崎市を舞台に、災難に遭いながらも、自分とは何かを見つけていく高校を卒業したばかりの5人の若者たちの姿を描いた青春映画。 出演キャストは湊かなえの小説が原作の映画『少女』にも出演した佐藤玲、『帝一の國』の萩原利久、こさぎ亜衣作の漫画を実写化した『あさひなぐ』の岡野真也、『悪の教典』や『告白』の中島広稀、『映画 暗殺教室』の三河悠冴らフレッシュな面々が揃った。

『高崎グラフィティ。』のあらすじ

幼馴染である美紀・寛子・優斗・直樹・康太の5人は、高校の卒業式を終え、期待と不安に包まれながらこれから始まる新しい生活を迎えようとしていた。 しかし美紀の父親が大学の入学金を手にしたまま、行方不明になってしまう。幼馴染の5人は美紀の父親を探し始めるが、それと同時に、寛子は同棲を始めたばかりの恋人に対して浮気をしているのではないかという疑惑を持ち始め、優斗は先輩から無理やり保険金詐欺をさせられるなど、それぞれがトラブルを抱えることとなってしまう。5人は問題と向き合いながら、自分とは何かを見つけようと、将来について考え始める。

『高崎グラフィティ。』のスタッフ・キャスト

『高崎グラフィティ。』の感想・評価・ネタバレ

  • レビューがありません。

『高崎グラフィティ。』に関連する作品