キング・オブ・トロール 勇者と山の巨神

キング・オブ・トロール 勇者と山の巨神

The Ash Lad: In the Hall of the Mountain King
2017年製作 ノルウェー 104分 2018年8月1日上映
rating 2 2
1 1

『キング・オブ・トロール 勇者と山の巨神』とは

北欧ノルウェーでは森に住む妖精トロールの伝説が親から子、孫へ語り継がれており、これをモチーフにしたストーリーがミケル・ブレネ・サンデモーセ監督によって映像化。トロールに誘拐される王女と貧しい青年との恋と冒険の物語が完成した。北欧の神話や伝説を題材にした映画を撮り続けるサンデモーセ監督は、本作品の前に『ラグナロク オーディン神話伝説』も製作している。王女と助け、恋に落ちる17歳の貧しい青年をベビァルン・エンガーが演じている。

『キング・オブ・トロール 勇者と山の巨神』のあらすじ

19世紀半ばのノルウェー国では、聡明で負けん気の強いキリステン王女と狡猾なシグール王子との政略結婚話が進んでいた。シグールを嫌って宮殿から逃げ出したキリステンは、森の中で貧しい青年エスペンと出会う。お互いに淡い恋心を抱く2人だったが、森に住むトロール「マウンテン・キング」にキリステンがさらわれてしまう。これを知った国王は、キリステン王女を救った者に褒美を与えると国中にお触れを出すのだった。恋しいキリステンを助けるべく、トロールのすみかに向かうエスペン。一方、腹に一物を抱えるシグール王子も王女の救出に出発する。エスペンは無事にキリステンを助けられるのだろうか。

『キング・オブ・トロール 勇者と山の巨神』のスタッフ・キャスト

『キング・オブ・トロール 勇者と山の巨神』の感想・評価・ネタバレ

  • もち

    104分に程山歩きを見る映画。景色が良い。面白くはない。

『キング・オブ・トロール 勇者と山の巨神』に関連する作品