SPL 狼たちの処刑台

SPL 狼たちの処刑台

Sha po lang: taam long
2017年製作 中国・香港 100分 2018年9月1日上映
rating 0 -
1 0

『SPL 狼たちの処刑台』とは

「イップマン」シリーズの監督で知られるウィルソン・イップ監督が製作した、中国・香港合作のアクション映画。タイで犯罪組織に娘を誘拐された香港の警察官が、仲間の力を借りながら、娘を救出するために組織に乗り込む。 アクション監督はサモハン・キンポーが務め、主演の警察官リーを香港のアクション俳優ルイス・クーが演じる。そのほか、地元タイの警察官タクを「マッハ!」シリーズでおなじみのタイ出身のアクション俳優であるトニー・ジャーが演じる。

『SPL 狼たちの処刑台』のあらすじ

香港警察の警察官リーの娘である15歳のウィンチーは、友達に会うためにタイを訪れるが、パタヤで何者かに誘拐されてしまう。娘が誘拐されたことを知ったリーは、自らの手で犯人からウィンチーを救出することを決める。 リーは地元パタヤ警察の警察官チュイに頼み、娘が誘拐された事件の捜査に参加する。捜査の結果、娘を誘拐したのは国家も絡んだ臓器売買グループであり、警察の内部にもその犯罪グループの一員がいることがわかる。 リーとチュイは、チュイの同僚であるタクを仲間に加えた3人のみで、娘を救うために犯罪組織のアジトに潜入していく。

『SPL 狼たちの処刑台』のスタッフ・キャスト

『SPL 狼たちの処刑台』の感想・評価・ネタバレ

  • レビューがありません。

『SPL 狼たちの処刑台』に関連する作品