search サーチ

search サーチ

Searching
2018年製作 アメリカ 101分 2018年10月26日上映
rating 3.8 3.8
13 5

『search サーチ』とは

パソコンの画面をスナップした映像で物語が展開されるサスペンススリラームービー。娘が登録していたSNSを通じて、行方不明の娘を捜索する父親の姿を描く。本作でメガホンを取るのは、Google Glassのみで撮影した動画が話題となった、インド系アメリカ人のアニーシュ・チャガンティ。主演は、「スター・トレック」シリーズや『トータル・リコール』などに出演したジョン・チョウ。その他、デブラ・メッシング、ジョセフ・リー、ミシェル・ラーらが出演する。また、本作は2018年サンダンス映画祭観客賞を受賞した。

『search サーチ』のあらすじ

ある日、突然16歳の女子高生マーゴットが姿を消す。事件は行方不明事件として捜査が進められるが、何の進展もないまま37時間が過ぎてしまう。マーゴットの父親デビットは、娘の無事を信じ、マーゴットが使っていたパソコンに電源を入れ、自ら行動を起こし始める。そのパソコンを使い、彼女が登録したFacebookやInstagram、TwitterなどのSNSにアクセスする。そこからマーゴットが行方不明になる前の会話や写真、友達などの軌跡を追い、事件解明の手がかりを探る。しかし、そこにはデビットの知る明るくて元気な娘の姿はなく、徐々に彼の知らない闇が見え始める……。

『search サーチ』のスタッフ・キャスト

『search サーチ』の感想・評価・ネタバレ

  • s_p_n_minaco
    s_p_n_minaco 0 25日前

    まず、まさかのwindows??と驚いたけど、そこは巧いツカミだった。家族の出来事はすべてPCの中、家族の変化と共にPCツールも変わる。こうして馴染んできただけに、行方不明の娘をPCで捜索する父に違和感はなく。その探偵&追跡ぶりは細部までリアル。各種SNSにFaceTimeやメッセンジャー、YouCastなるライヴ配信はまあわかるが、電話番号検索や葬儀中継まであるとは。POV映画のようにPC画面だけでどこまで行けるかと、その意味でもハラハラしたが、父親視点以外も盛り込んで案外範囲が広かった。そうかそれもアリか。少々強引な気もしなくはないが、伏線や意外性はよく練られていて、ミステリーとして充分よく出来ていた。ラストに主観の反転も巧い。 でも全編PC画面という新機軸は、結果としてとても演劇的なスタイルだった。予め制約ある舞台ならではの演出を、何でも出来るはずの映画に持ち込んだというか、むしろ舞台でなら既にあるというか。ともあれ基本的にジョン・チョウの一人芝居を観るのに等しい感覚。但しPC画面自体への演出が効果的でもあり、立派な「共演俳優」である。書いては消されるテキスト、複数開かれたタブ、重なり合うウィンドウが多くを物語るのだ。こんなに「click が 芝居する」のは新しいかも。

  • mi movie
    mi movie 0 2018年11月7日

    観終わった後の動悸がおさまらない。 知らないうちに近くに散りばめられていた伏線の数々を拾い集め、作り手がつくったネットワークを「サーチ」している自分がいた。 ゾクゾクするけど、ホッとするようなおかしな感覚にさせられる。 好き。

  • southpumpkin
    southpumpkin 3 2018年11月4日

    娘が友達の家で勉強をすると言ったまま、行方不明に。父はPCを使って娘の情報を集め始めるが、徐々に知らなかった娘の姿が明らかになる…。 わー、完全に好きな映画です。こういう映画、映画を見始めの頃に観ていたら思い切りよく星5とかにしていたんだろうなあ。PCの画面(時々ルールが曖昧になってるけど、そこはご愛嬌。許してやったらどうや)の中だけでまとまってしまうサスペンスな展開の数々。娘が消えてしまったことで、父親が想像するあんなこと、こんなことを予感させる証拠が次々と上がり、観ている方も「ああ、この映画はこういうことか」とすっかり予想させてしまいます。その後に捻り、ミスリードだったことが明かされます。わー、面白い。映画に転がされました。多分、この映画僕の理解の範疇を超えたところでも気を払っていて、例えばミスリードかのように見せかけたアイテムも配置されていると思うんです。それらの気遣いのおかげで、なかなか黒幕が見え辛くなっている。面白い映画でした。 『アンフレンデッド』の二番煎じかよ、と思ったのですが、『アンフレンデッド』よりも展開が多く見応え十分。ただPCの使い方は『アンフレンデッド』の勝ち。PC画面内でフォーカスしちゃうのはずるいよね。

『search サーチ』に関連する作品