アジア三面鏡2018 Journey

アジア三面鏡2018 Journey

2018年製作 日本 2018年11月9日上映
rating 0 -
0 0

『アジア三面鏡2018 Journey』とは

アジアを中心に若手クリエーターたちを支援する「東京国際映画祭」と、アジアに住む者としての共感と共生の意識を育てることを目的とした「国際交流基金アジアセンター」との共同事業の一環、「アジア三面鏡」。このプロジェクトでは、あるテーマについてアジアの気鋭監督3人がエピソード持ち寄って映画の共同制作を行う。そして本作は、本プロジェクトの第2弾として、“旅”をテーマに松永大司監督、中国のデグナー監督、インドネシアのエドウィン監督によって制作された。

『アジア三面鏡2018 Journey』のあらすじ

松永大司監督による『碧朱』。 舞台は、民主化してまだ間もないミャンマー。そこで鉄道整備事業の商社マンとして働く1人の日本人男性。彼は異国の地で、ヤンゴン市内のこれからの発展と喪失、そしてそこに暮らす人々と交流をしていく中で何を感じ、何を思うのか……。 デグナー監督による『海』。 全く性格が異なる母娘は、中国の北京から海を目指す。旅路の途中、母娘は何度も喧嘩を繰り返すが、旅を続ける。はたして、母娘の旅の目的とは……。 エドウィン監督による『第三の変数』。 インドネシア人夫婦は、旅先である東京で、ある変わった男性と知り合う。その男性は、民泊を営みながらも、コンサルタント業を行っているという……。そしてインドネシア人夫婦は、その男性からある官能的で奇妙なアドバイスを受ける。

『アジア三面鏡2018 Journey』のスタッフ・キャスト

『アジア三面鏡2018 Journey』の感想・評価・ネタバレ

  • レビューがありません。

『アジア三面鏡2018 Journey』に関連する作品