レディ in ホワイト

レディ in ホワイト

2018年製作 日本 98分 2018年11月23日上映
rating 0 -
0 0

『レディ in ホワイト』とは

新入社員とその上司のクズとゲスな2人による社内バトルコメディ。親のおかげで何不自由なく生活してきた新入社員とパワハラをしてくる上司が社内で闘う姿を描く。本作でメガホンを取るのは、『スープ 生まれ変わりの物語』や『罪の余白』を手掛けた大塚祐吉監督。主人公の新入社員・如月彩花役を演じるのは、第13回全日本国民的美少女コンテストでグランプリを受賞し、『ゆめはるか』では主演を演じた吉本実憂。また、吉本は『罪の余白』においても大塚監督とタッグを組んでいる。そして、如月に嫌がらせをするゲスな上司・松山役を波岡一喜が演じる。

『レディ in ホワイト』のあらすじ

社長令嬢という肩書を携え、何不自由のない生活を過ごしてきた如月彩花。彼女は、就活でホワイト企業だと勘違いして、ある会社に入社することになる。しかし、そこでパワハラ全開で部下の社員を奴隷のように扱うゲスな上司・松山に当たってしまう。彼女は、松山の下で今まで味わったことのない屈辱を味わうことになり、怒りは頂点に達する。そんな如月も、全身白いスーツ姿で出社し、敬語は使わない、指示も無視するなど、周りから厄介者の新人として見られていた。 しかしある日、如月の父の会社が倒産し、如月自身にも上司のパワハラに加え、会社の運命を懸けたプロジェクトを任されることになる。果たして彼女はこの困難を乗り越えることができるのか……!?

『レディ in ホワイト』のスタッフ・キャスト

『レディ in ホワイト』の感想・評価・ネタバレ

  • レビューがありません。

『レディ in ホワイト』に関連する作品