オペレーション:レッド・シー

オペレーション:レッド・シー

紅海行動
2018年製作 中国・モロッコ 143分 2018年9月22日上映
rating 0 -
0 1

『オペレーション:レッド・シー』とは

中国海軍が実際に行った奇跡の救出劇をもとにして製作したミリタリーアクション映画。監督を務めたのは、『クリミナル・アフェア 魔警』『激戦 ハート・オブ・ファイト』などこれまでに多くのアクション映画を手掛けてきたダンテ・ラム。主演には『修羅 黒衣の反逆』『最愛の子』などのチャン・イーを抜擢した。『運命の子』のハイ・チン、ホアン・ジンギュ、ドゥー・ジアン、ホアン・ジンユーらが脇を固めている。実際の作戦でも使用されたフリゲート艦「臨沂艦」も登場するので、ぜひ注目してほしい。

『オペレーション:レッド・シー』のあらすじ

2015年、中東地域のイエメンで内戦が勃発した。海軍の作戦によって大多数の中国人が救出されたが、少数の自国民は一部の地域や大使館に取り残されたまま。彼らを救い出す任務を背負ったのが、「蛟竜(こうりゅう)突撃隊」と呼ばれる少数精鋭の部隊だ。蛟竜突撃隊は激戦をかいくぐって精鋭たちは自国民を救出していくが、1人の女性がテロリスト集団に拉致されてしまう。彼女を救出するため、彼らは武装テロリストの縄張りに足を踏み入れる。それは200人近くになるとも言われるテロ組織に対して、8人で立ち向かうという一見すると「無謀」な作戦の始まりだった。女性を無事救出することはできるのか?

『オペレーション:レッド・シー』のスタッフ・キャスト

『オペレーション:レッド・シー』の感想・評価・ネタバレ

  • レビューがありません。

『オペレーション:レッド・シー』に関連する作品