名探偵コナン 紺青の拳(フィスト)
上映中
名探偵コナン 紺青の拳(フィスト)
2019年製作 日本 110分 2019年4月12日上映
rating 3.9 3.9
16 3

『名探偵コナン 紺青の拳(フィスト)』のsouthpumpkinの感想・評価・ネタバレ

southpumpkin
southpumpkin 3 12日前

目覚めたコナンはマレーシアに。工藤新一に変装した怪盗キッドと蘭たちと一緒に京極誠の空手の試合を観に行くことになる。 劇場版コナンを始めて劇場で鑑賞したのですが、それはそれは楽しかった。満足度としては過去最高レベルだったのです。他は全て自宅でタブレットで鑑賞したので客観性をもって比較はできませんが。近年の盛り上がりを支えているであろうサブイケメンキャラクターの台頭(今回の怪盗キッド、京極誠)パターンにおいては、作品としての強度が最も高いように感じました。そのシチュエーションからキッドを頼らざるを得ないコナン、そのコナンも例のコナン誕生の瞬間をオマージュする見事な演出。きちんと人が死んでコナンが解決するというコナンがあるべき物語の形をきちんと堅持し、劇場版であって然るべく劇的に描かれる。さらに地味になりがちな解決シーンがマレーシアを舞台にした綺麗な映像演出になっている。劇場版コナンでできるべき映画がやっとできた、という感じ。本当にワクワクできた。 ストーリーもほぼ完璧に近いのでは。キッドと京極のかっこよさがそれぞれ最大限に発揮されている。京極誠の枷が外れるシーンは究極の全能感を味わえる。