アインシュタインガール

アインシュタインガール

2005年製作 日本 82分 2005年7月16日上映
rating 0 -
0 0

『アインシュタインガール』とは

ふとしたことから母が亡くなった事故の2日前にタイムスリップしてしまった少女の運命を描くSFファンタジーで、タイトルはタイムスリップの説明として劇中で用いられているアインシュタインの「相対性理論」に由来している。 監督は多くのアイドル主演映画や『富江』、『ひぐらしのなく頃に』等のホラーサスペンス映画を手掛ける及川中。主演はTV、グラビア、CM等で活躍する人気グラビアアイドル岩佐真悠子だ。ロケが行われた千葉県佐倉市のユーカリが丘の魅力的な風景、映画の雰囲気に調和している。

『アインシュタインガール』のあらすじ

1年前に交通事故で母親を亡くした女子高生・今西薫(岩佐真悠子)。ようやく悲しみから立ち直りつつある彼女は、ある朝、家の前の坂道で髪の長い少女(矢口聖来)に出会う。見慣れない少女だが、薫は少女を母の事故の日にも見かけた事を思い出す。少女を気にかけつつも親友のヤマ(小松愛)といつものように電車で学校に向かう薫だったが、その電車内でも同じ少女を目撃する。思わず少女の姿を追ったが、その瞬間、車内が凄まじい光に包まれ、気付いた時には薫とヤマはちょうど薫の母親が事故にあう2日前にタイムスリップしてしまっていた。 60年前の戦場からタイムスリップした水兵の大津康二郎(福士誠治)に「過去を改変してはならない」と忠告を受けるが、薫は愛する母を救う事を決意する。果たして薫は無事母を救い、元の世界に戻る事ができるのだろうか?

『アインシュタインガール』のスタッフ・キャスト

『アインシュタインガール』の感想・評価・ネタバレ

  • レビューがありません。

『アインシュタインガール』に関連する作品