アタックNo.1 涙の回転レシーブ

アタックNo.1 涙の回転レシーブ

1970年製作 日本 59分 1970年8月1日上映
rating 0 -
0 0

『アタックNo.1 涙の回転レシーブ』とは

浦野千賀子の同名スポ根漫画『アタックNo.1』が原作であり、テレビアニメシリーズを編成し、劇場版として公開した作品。 今作は第2作目にあたる。1970年夏の「東宝チャンピオンまつり」にて公開され、『ゲゾラ・ガニメ・カメーバ 決戦!』『巨人の星 宿命の対決』『みにくいあひるの子』が同時上映された。 主人公・こずえをディズニーアニメ『白雪姫』の白雪姫を演じた小鳩くるみ、こずえのライバル・みどりを『デビルマン』の坂井すみ江が演じる。

『アタックNo.1 涙の回転レシーブ』のあらすじ

こずえ達の通う富士見学園が浜紀中学と合併することが決定した。浜紀中学の女子バレーボール部には強豪「四天王」が在籍しており、彼女たちは自分勝手に振舞い、チームワークを乱してしまう。そんな四天王に、なす術がないこずえとみどりは、富士見大学女子バレーボール部の合宿に同行し練習に参加させて貰い、必殺技「木の葉落とし」を会得する。 無事、四天王を破ったこずえ達は彼女達と和解し、新たなチームの絆を築いていく。そして遂に全国選手権大会を迎え……。 果たして富士見学園は優勝を勝ち取ることができるのか…。

『アタックNo.1 涙の回転レシーブ』のスタッフ・キャスト

『アタックNo.1 涙の回転レシーブ』の感想・評価・ネタバレ

  • レビューがありません。

『アタックNo.1 涙の回転レシーブ』に関連する作品