宇宙戦艦ヤマト2199 第六章「到達!大マゼラン」

宇宙戦艦ヤマト2199 第六章「到達!大マゼラン」

2013年製作 日本 101分 2013年6月15日上映
rating 4 4
1 0

『宇宙戦艦ヤマト2199 第六章「到達!大マゼラン」』とは

TVアニメ『宇宙戦艦ヤマト』のリメイク作品である映画『宇宙戦艦ヤマト2199 第六章 到達!大マゼラン』。全部で七章まであり、初代ヤマトの26話のうち19話から22話までをリメイクされて映画化されたのが本作。劇場版と同じ内容の『宇宙戦艦ヤマト2199』がDVDとBD版で発売され、後にはTVアニメでもカットや編集などを加えて放送された。ガミラス星の遊星爆弾から地球を救うために宇宙戦艦ヤマトが大マゼランからイスカンダルまで航空する姿を描く。キャラクターデザインはTVアニメ『坂道のアポロン』や『orange』でキャラデザを担当した結城信輝。音楽は『宇宙戦艦ヤマトⅢ』や『宇宙戦艦ヤマト 完結編』で作曲を担当した宮川彬良と『宇宙戦艦ヤマト』シリーズだけでなく『ワンサくん』やTV音楽も作曲している宮川泰だ。

『宇宙戦艦ヤマト2199 第六章「到達!大マゼラン」』のあらすじ

敵ガミラスの遊星爆弾によって汚染された放射能から地球を救うために、宇宙戦艦ヤマトはイスカンダルへ向かっていた。そしてついに地球から16万光年近くも離れた大マゼランまでやって来た。大マゼランの先端に位置するタランチュラ星雲は濃密な星間物質やイオンの嵐が吹き荒れている。星雲を構成する七つの星系である七色星団は宇宙ジェットの噴出も観測され、最も危険領域であり、ヤマトの最大ワープでも飛び越えられず、かといって迂回するコースをとると敵に先読みされてしまう。そこであえて七色星団を突き進む事にした。しかし予想は外れ、七色星団でヤマト戦艦はガミラス艦隊と鉢合わせることになるのであった。その後森雪の消息は不明になり、ユリーシャ・イスカンダルは驚きの事実を語り出す。

『宇宙戦艦ヤマト2199 第六章「到達!大マゼラン」』のスタッフ・キャスト

『宇宙戦艦ヤマト2199 第六章「到達!大マゼラン」』の感想・評価・ネタバレ

  • レビューがありません。

『宇宙戦艦ヤマト2199 第六章「到達!大マゼラン」』に関連する作品