殺人鬼の誘惑

殺人鬼の誘惑

1963年製作 日本 62分 1963年5月19日上映
rating 0 -
0 0

『殺人鬼の誘惑』とは

熱血記者が殺人事件の真相に挑む「事件記者」シリーズの2作目。1作目の『恐怖の魔女』を脚色した山村英司の原作を元に、山村と『吉原御免状』の池田一朗が共同で脚本を執筆。監督は同じく1作目でメガホンをとった若林栄二郎が担当している。主演は『柳生一族の陰謀』『戦国自衛隊』の千葉真一。千葉も1作目に引き続きの抜擢となる。他、音楽を手掛けるのは『肉体の門』、『二百三高地』、「男はつらいよ」シリーズなどの山本直純。

『殺人鬼の誘惑』のあらすじ

金貸しの谷彬が殺された。検死の結果、右わき腹と背中に一か所ずつ傷があり、直接の死因は背後から心臓に達する刺傷だと判明する。発見者は谷の若妻・京子、運転手・内田、碁を打ちに来ていた棋士・天野の3人。警察は3人の証言や凶器に残された指紋などから、喫茶店「ミケランジェロ」の店主・平峰典三郎を指名手配したと発表する。日本新聞社会部の記者・城野と福原は、特ダネを求め独自の取材を開始。聞き込みの結果、平峰には洋子という情婦がいることが判明する。ほどなく平峰は逮捕されるが、背中からの刺傷については頑なに認めようとせず、捜査は暗礁に乗り上げる。

『殺人鬼の誘惑』のスタッフ・キャスト

『殺人鬼の誘惑』の感想・評価・ネタバレ

  • レビューがありません。

『殺人鬼の誘惑』に関連する作品