家族を想うとき

家族を想うとき

Sorry We Missed You
2019年製作 イギリス・フランス・ベルギー 100分 2019年12月13日上映
rating 0 -
0 1

『家族を想うとき』とは

『わたしは、ダニエル・ブレイク』でカンヌ国際映画祭パルムドールを受賞したイギリスの映画監督ケン・ローチが、家族の絆を描いた。マイホームのために転職した父だが、その仕事のせいで家族はすれ違いに。 父親のリッキー役は、配管工として20年以上働いた経験を持つクリス・ヒッチェンが演じる。母親のアビー役には本作が映画初出演のデビー・ハニーウッド。彼女は本作の舞台、イギリス・ニューカッスル出身者でもある。第72回カンヌ国際映画祭2019コンペティション部門出品作。

『家族を想うとき』のあらすじ

イギリスのニューカッスルに住むターナー家。父リッキーはマイホーム購入を目標に、フランチャイズの宅配ドライバーとして独立する。過酷な労働条件を余儀なくされるも、家族のために懸命に働いていた。 母アビーは介護福祉士として働いている。遠方の家に訪問介護に行っているアビーに車は必要不可欠だったが、リッキーの独立の資金作りのため、車を売却。数年我慢すれば夢のマイホームが手に入ると信じて。しかし、バス移動のため余計に時間がかかり、家にいる時間も減っていく。家族のためにと頑張る両親だったが、息子・セブと娘のライザ・ジェーンは両親と過ごす時間が少なくなって寂しい思いをしていた。次第にすれ違いを見せる家族の想い。そんな中、リッキーがある事件に巻き込まれ……。

『家族を想うとき』のスタッフ・キャスト

『家族を想うとき』の感想・評価・ネタバレ

  • レビューがありません。

『家族を想うとき』に関連する作品