風の電話

風の電話

2020年製作 日本 139分 2020年1月24日上映
rating 3.5 3.5
1 0

『風の電話』とは

岩手県大槌町に実在し、東日本大震災以降多くの人々が訪れている“風の電話”をモチーフにした映画。東日本大震災で全てを失った少女が、広島から故郷の岩手にある「風の電話」を目指す。 主人公の少女ハルは『少女邂逅』や『おいしい家族』に出演しモデルとしても活動するモトーラ世理奈が演じる。ハルを温かく見守る人々を西島秀俊、西田敏行、三浦友和など実力派俳優が演じる。監督は『2/デュオ』や『ライオンは今夜死ぬ』の諏訪敦彦。

『風の電話』のあらすじ

2011年3月11日、少女ハルは全てを失った。岩手県大槌町に住んでいたハルは東日本大震災の被害に遭い家族を失う。広島の親戚の家に引き取られるが、悲しみを心に抱え心を閉ざしたまま。 ある日、ハルはふらっと広島を出て故郷の岩手県大槌町にある「風の電話」を目指すことに。道中、ハルはいろいろな人々に出会い皆がそれぞれ悩みを抱えていることに気がつく。人々の悲しみを共有することで自分も強く生き続けていかなければと、閉ざしていた心を少しずつ開いていく。「風の電話」にたどり着いたハルは天国にいる家族に何を伝えるのか。

『風の電話』のスタッフ・キャスト

『風の電話』の感想・評価・ネタバレ

  • レビューがありません。

『風の電話』に関連する作品